土田晃之

写真拡大

6日放送のラジオ番組「日曜のへそ」(ニッポン放送)で、土田晃之が、最近のアイドルに見受けられる自己紹介に「個性がない」と指摘した。

番組では、8月4日から6日まで東京・お台場で開催された国内最大級のアイドルイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」が話題に。土田は、イベントに関連した収録のためフジテレビの湾岸スタジオを訪問したそうだ。TIFには約200組のグループ・約1000人のアイドルが集まっていたという。

入ったメーク室で土田は、さまざまなアイドルから挨拶を受けたそう。中には共演予定がないにも関わらず、マネジャーに連れられてやってきたアイドルもいたそうだ。

ただ、土田はアイドルの挨拶の仕方に違和感を抱いたとのこと。土田によると、挨拶のほとんどが「私たち、〇〇の〇〇です!」といったものだったという。土田はアイドルグループ・ももいろクローバーZの自己紹介に似ていると感じたようで「ももクロと同じだから、もう個性がなくて」と辟易したように振り返る。結局、肝心のグループ名が覚えられず、「結局、何っつうグループ名なの?」と聞き直すこともあったそう。

土田は、かつてともに仕事していたアイドルらの成長を喜びつつも、「暑いのでTIFは卒業ということでね」と真夏の大イベントについてこぼし、スタジオの笑いを誘っていた。

【関連記事】
土田晃之が欅坂46への不安を吐露「みんな超おとなしい、ぜんぜん喋らない」
土田晃之 AKB48は新グループ・欅坂46と比べて「品がない」と断言
土田晃之 欅坂46との共演番組で「公式実の父親」を名乗るもオンエアされず