@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

新カテゴリー プレミアム電動アシスト自転車

ボッシュは、2017年より日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入すると発表した。

日本市場では、電動アシスト自転車用ユニットシリーズのなかから、日常利用を目的とした「アクティブライン・プラス」を搭載した輸入自転車ブランドを展開するという。ヨーロッパでは既に約70もの人気自転車ブランドに「ボッシュeBikeシステムズ」が搭載。10月の東京モーターショーにおける同システム搭載車のジャパンプレミアを皮切りに、日本国内へ展開していく。

電気自転車ユニット「アクティブライン・プラス」とは?

アクティブライン・プラス

Drive Unit(モーター)、PowerPack 300(バッテリー)、Intuvia(ディスプレイ)、Charger(チャージャー)がセットになった電動アシスト自転車用システム。このシステムは、静かでスムーズなアシストを実現し、快適な乗り心地を提供するという。

Drive Unit(モーター)

ユーザーが快適に乗れるよう、Drive Unitは3軸センサーにより1秒間に1000種類の動きを測定。最適なスピード、および電動アシストを実現する。また、美しいデザインにもこだわったのが特徴で、レッドドット・デザイン賞を2017年に受賞している。

PowerPack 300(バッテリー)

バッテリーは、容量300Whのパッケージで、軽量化と長寿命化を実現。また、充電時に簡単に取り外せるのも大きな特徴だ。自転車の中心部に設置することを想定しており、バランスを崩すことなく快適に運転することができる。

Intuvia(イントゥーヴィア)

Intuviaには、スピード・距離・乗っている時間・距離残数を表示。日中でもハッキリと視認することができ、常にユーザーに最適なギアを知らせる。また、ハンドルに搭載した操作用リモコンにより、Drive Unit搭載の5種類の運転モードを手元で切り替えられる。

Charger(チャージャー)

チャージャーは、軽量(約800g)/丈夫/充電速度の速さが特徴で、満充電に要する時間は約2.5h。

ボッシュが考える日本の電気自転車

日本の電動自転車市場は近年で拡大しており、特に2011年の東日本大震災の際には交通網停滞の影響などにより、電動自転車は移動手段の1つとして改めてその有用性が認識された。震災後の2011年から2016年まで、電動自転車の販売台数は年平均約25%増加しており、今後も更なる拡大が期待される。


「ボッシュeBikeシステムズ」は、楽しくアクティブに自転車を利用する層をターゲットに、プレミアムセグメント向け電動アシスト自転車用ユニットとして日本市場を開拓していく。

2017年10月以降同社は、日本でのサービスパートナー、Intertec Inc.とともに、今後「ボッシュeBikeシステムズ」を搭載した電動アシスト自転車を販売する店舗に、コールセンター、ワランティ対応、スペアパーツの供給および技術サポートなどの販売サポートを提供していく。