【詳細】他の写真はこちら

握力がスゴイことになりそう。

便利なガジェットに囲まれれば囲まれるほど、運動不足になっていくばかりの現代人。そんな我々に活を入れるべく、握力トレーニングマシーン型のマッチョなモバイル発電機『Energy Portable』が登場しました。

手のひらの中でガシャガシャするだけでスマホや音楽プレーヤーだけでなく、タブレットPCも(その気になれば)充電可能らしい本製品。現在クラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達を行っていますが、どういうわけか記事執筆時点では支援が1件も集まっていません。えー、僕的には面白いと思うんだけどなぁ……。

ガシガシ握ってマッチョに発電





『Energy Portable』は、まるで通常の握力トレーニングマシーンのように、握って離して握って……と繰り返すことで、電力が生成できるとされています。この時にUSBケーブルでスマホなどのデジタルガジェットに接続していれば、端末への給電が行われる仕組みです。

その気になれば、PCの充電もできる……?





USBポートからの出力電流は5V/2.1Aと、携帯できるサイズにしてはなかなかパワフル。急速充電規格「Quick Carge」には対応していないそうですが、コンセントに接続したACアダプタと同等のスピードで接続機器を充電できるとされています。プロジェクトページによればスマホやオーディオプレーヤー、携帯ゲーム機だけでなく、スタンバイモードの『Surface Pro』も充電可能だとか……。本当でしょうか?

バッテリーも内蔵しています





本体には容量2600mAhのバッテリーも内蔵しており、発電機能しながらでなくともガジェットへの給電ができます。スマホのバッテリーが切れそうなときなどの緊急時には、この給電機能を使うとよさそうです。

繰り返しにはなりますが、『Energy Portable』のプロジェクトにはまだ支援が集まっていません。資金募集が成功した際には、99ユーロ(約1万3000円)の支援で製品を1つ入手できるのという触れ込みなのですが……プロジェクトが達成されるかどうかは全くの未知数。これは、栄えある一人目の支援者になるチャンスかもしれませんよ? なお、製品の出荷は2017年12月が予定されています。



文/塚本直樹

関連サイト



『Energy Portable』プロジェクトサイト(英語)