みね子(有村架純)の心情を伝えるナレーションは「お父ちゃん」と優しく語りかけるように始まる。それは行方不明になった父、実(沢村一樹)をどんな時も、思っているということ。みね子が東京での出来事を手紙にしたためて、奥茨城に住む母の美代子(木村佳乃)に伝えるように、みね子の心の話し相手は常に実だった。

(参考:朝ドラの“お約束”崩す『ひよっこ』、脚本家・岡田惠和の狙いは?

 『ひよっこ』(NHK総合)、第18週「大丈夫、きっと」では、記憶障害によって記憶を失った実を巡る、世津子(菅野美穂)の思い、家族としての美代子、みね子の思いが描かれた。実に会いに行くため、美代子とみね子は世津子のマンションを訪れる。“東京の姉”である愛子(和久井映見)は出発前、「今日はお母さんだけ見てなさい」とみね子に伝えた。実際、美代子は実の妻として、谷田部家の母として、世津子に真摯かつ厳格な態度で向かった。普段は外していた結婚指輪を左手の薬指に、家族写真を鞄の中に携えた。記憶を失った実を説得する証拠と、女優である世津子に対する装備だ。

 記憶障害になり雨の中ベンチにボーッと座っていた実に、世津子は声をかけた。それから2年間、実と世津子は生活を共にする。「初めて早く家に帰りたいと思った。生きてきて初めて」。世津子の中でいつしか、“雨男さん”と呼ぶ、実が大切な存在になっていた。結果として、誰も悪くはない。生きて会えてよかったという喜びと、「なぜ警察に連絡をしなかったのか」という疑問が交錯し、声を張り上げる美代子。しかし、実にとって、世津子は2年間面倒を見てくれた恩人だ。見知らぬ2人の女性が家族だといきなり現れ、今日から暮らすということ。世津子との2年間も実には大切なものであったに違いない。世津子は実との別れを覚悟し、準備していた彼の身支度の鞄と「もう二度と会うことはないでしょう。さようなら」という言葉を彼に渡す。実と目を合わせようとしない世津子の俯いた表情が、2年間につのった思いを物語っていた。

 美代子は一人奥茨城に帰り、みね子と実の東京での生活が始まる。すずふり亭、あかね坂商店街、あかね荘……実は人の優しさに触れ、少しづつ自分を取り戻していく。記憶を失っていても、谷田部実であることに変わりはない。「大丈夫、きっと」。未来を見据えたみね子の、父を信じる思いがタイトルに現れている。

 第19週「ただいま。おかえり。」では、みね子と実が、田植えの時期に奥茨城へ帰ることに。世津子からみね子に送られた手紙によって、実の記憶障害は、どうしようもなく理不尽で恐ろしく悲しいことが起きてしまった時に、それについて考えたくないという強い思いから来ていることが伝えられた。今後の物語のポイントは、実の記憶が戻るかどうかということ。みね子はもともと、実を探すために出稼ぎ労働者として上京してきた経緯がある。すでに、もうひとつの大切な家族ができた東京を離れ、奥茨城の家族と暮らすのかも、気になる点だ。

(渡辺彰浩)