英雄パク・チソンが韓国代表の奮起に期待 W杯出場の可能性は「50%」

写真拡大

2018年平昌五輪のイベントに出席、韓国紙のインタビューで語る

 韓国代表は日本代表と同じく来年のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でギリギリの戦いを強いられているが、レジェンド的存在であるパク・チソンが2018年平昌五輪の関連イベントに出席し、「W杯出場の可能性は50%」と話したという。

 韓国紙「コリア・タイムズ」が報じている。

 パク・チソンは京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)を経てPSV、そして世界的名門のマンチェスター・ユナイテッドに7シーズン在籍。名バイプレーヤーとして欠かせぬ存在だったのと同時に、2000年代の韓国代表を文字通り引っ張る存在だった。引退後はFIFAマスター、そしてイングランド、スイス、ミラノの大学でスポーツ人文学やマネジメント、法律学を学ぶなどトップリーダーとしての役割を身につけようとしている。

 その経歴もあって、取材した記者は「大韓サッカー協会で働こうと思っていますか?」と質問をぶつけたが、「それも可能性はある。だけど僕自身はヨーロッパで仕事を見つけたい。なぜならヨーロッパではフットボールの運営がより進歩していて、僕はもっと多くのことを学びたい」と欧州での仕事を探していることに触れた。

 パク・チソンが長年リーダーとしてプレーした韓国代表は現在、W杯予選で苦しんでいる。6月に行われた敵地カタール戦で2-3の敗戦を喫し、ウリ・シュティーリケ監督を更迭。シン・テヨン新監督の下で立て直しを図るが、2試合を残して4勝1分3敗の勝ち点13で出場圏内の2位につけているものの、3位ウズベキスタンとは勝ち点1差、W杯出場圏外の4位シリアとも同4差と予断を許さない状況となっている。W杯出場の可能性について聞かれたパク・チソンは笑顔を浮かべて「50%だね」と話し、こう続けた。

「強いチームと対戦することはプラスになる」

「韓国代表が強いチームと対戦しなければならないということは、チームにとってプラスだと思う。選手たちはより強いモチベーションを持っているから、それは良い影響があるはず。イランとホームで戦えることは幸運だけど、(最終戦の)ウズベキスタン戦を敵地で戦うのはいいことではないよね」

 残り2試合がW杯出場をすでに決めたとはいえアジア屈指の力を持つイラン、そして2位の座を争うウズベキスタンとの上位対決が続くことに触れている。それでもパク・チソンは「イランをホームで打ち破って、ウズベキスタン相手にはしっかりとドローを確保して、W杯出場権を獲得できると思う」と話している。かつてのエースの予想通り、韓国代表は2位の座を死守してW杯行きを決められるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images