学生の窓口編集部

写真拡大


大学生のみなさんの中には大量のレポート課題に追われている人がいらっしゃるかもしれません。レポートを作成する際に、他人の著作から文章の一部などを「引用」することがありますね。この引用にはルールがあります。今回は「引用の仕方、その場合の書き方」についてご紹介します。



■「引用」する場合のルール

【精神年齢診断】 高い? 低い? あなたの内面をテストしてみよう


いつの時代も、学問とは先人たちの研究成果の上に成り立っているものです。後に続く研究者は、それらを基に新しい研究を進めますから、例えば「○○先生は〜のように述べているが」「□□の実験によると〜という結果で」といった、先人たちの言葉・見解・実験結果などを「引用」することがあります。


論文・レポートを書く際には、引用したものを全て明示する必要があります。これはマナーです。

なぜ引用を明らかにしないといけないかといいますと、


1.自分の意見・業績・表現でない(他人のものである)ことを明らかにする
2.読者が、引用元である原典に当たれるようにする


という2つの目的からです。論文・レポートで一番大事なのは、書き手独自の意見・主張が何か、つまりオリジナリティーです。その大事な点が他人の著作などからの引用であれば、これはオリジナリティーがない、論文・レポートに価値がないということになります。


この価値判断のためにも、どこが引用で、どこが引用でないのか、読み手にすぐわかるようにしておかないといけないのです。また他人の著作・業績などからの引用を、あたかも自分の意見のように書いていたら、これは盗用になります。逆に、書き手にとってみれば、引用を明らかにすることで、自分自身を盗用問題から守ることができるのです。


引用においては次の点に注意してください。


●引用元の文言を一字一句変えないのが基本
●引用元の書籍など、原典を記載する


文言を一字一句変えないのは、恣意(しい)的な引用を防ぎ、原典の意見・業績・表現を第三者が曲げないためです。また、引用元を記載することで、原典との差分がないことを保証するためです。最低限この2点を守らなければ、引用は許されません。


■「引用」する場合の書き方

引用については、レポートの本文に、

(1)
※1

などの注釈とわかる表記を行い、「注」の覧に引用元をまとめて記載します。言わずもがなのことですが、「1」などの数字は注釈の番号です。注釈の数が増えれば、(1)(2)(3)……、※1※2※3……と表記します。この番号に対応して、引用元を記載するのです。

具体的には以下のようになります。


●引用の書き方サンプル

===============================
<<レポート内本文>>
ジェレミー・シーゲルは、この日本の問題について「こう確信している。日本の高い貯蓄率は経済成長にほとんど貢献していない」(1)と述べています。

<<脚注部分>>
(1)ジェレミー・シーゲル,瑞穂のりこ訳『株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす 第10版』(2017年)日経BP社,p.226
===============================


脚注の部分では、それがどの書籍、あるいはどの雑誌の何というタイトルの記事からの引用なのかを上記のように記載します。記載しなければならない要素は以下になります。


・著作者(あるいは編者)
・タイトル
・書籍(あるいは雑誌)名
・その書籍の発行年
・その書籍を刊行した出版社(あるいは発行者・Publisher)
・掲載ページ


これは参考文献の記載方法と同じです。また、記載方法は他にもありますが、レポート内で統一されていることが重要です。



引用の書き方について解説しました。引用についてきちんと記載するのは、レポートを書く上での基本ですしマナーです。マナーを守り、担当の先生に高評価されるレポートを書いてくださいね。


(高橋モータース@dcp)