ジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、チェルシーのFWジエゴ・コスタの獲得に否定的だ。英紙『デイリー・ミラー』が伝えた。

 スペイン代表のジエゴ・コスタはチェルシーで構想外となっており、今夏の移籍先を探している。同選手は古巣への復帰を望んでいるが、アトレティコは補強禁止処分を受けており、今夏選手を獲得しても試合で起用することはできない。

 ジエゴ・コスタについて問われたシメオネ監督は、「あまりコメントしたくない。彼は実際、今もチェルシーの選手だ」と答えた。

 アトレティコ指揮官は、補強禁止の処分に動じず、「新しい選手を獲得する可能性が消滅したとき、私はそれを受け入れた。チームの質を高めることができたかもしれない。だが、私はこのチームでとても良い仕事ができるし満足しているよ」とも語っている。

 ジエゴ・コスタ側はチェルシーに対して、トランスファーリクエストを提出したとのことで、弁護士は法的手段をとることも示唆していた。アトレティコには同選手を獲得したあと、補強禁止処分が解除される冬までレンタルに出すという選択肢もある。ジエゴ・コスタのアトレティコ復帰は実現しないのだろうか。

text by 編集部