夏の夜は、ちょっと遅くまで出歩きたい気分になりますよね。そんなときには、オシャレなBARデートがおすすめです。女子力高めのカクテルをサラッと注文して、こなれ感アップを目指してみて。オシャレ女子にオススメのかわいくておいしいカクテルをご紹介します。

ワインレッドが大人の雰囲気を演出「キール・ロワイヤル」



出典:Shutterstock.com

辛口シャンパンとカシスリキュールを合わせたカクテル。フランスで、白ワインとカシスリキュールを合わせたキールが人気となった後に、オーストリアで白ワインをシャンパンに変えて誕生したのが、キール・ロワイヤルです。透き通ったワインレッドにシャンパンの泡が浮いてきて、キレイでオシャレ♪程よい甘みと心地いい発泡が飲みやすく、女性に人気です。飲みやすいですが、アルコール度数は12度程度はあるので、お酒に弱い人は気をつけましょう。

小さなかわいい花の名前が付けられた「ミモザ」



出典:Shutterstock.com

シャンパンとオレンジジュースの2つを混ぜあわせたミモザは、最も贅沢なオレンジジュースといわれることもあるカクテル。鮮やかな黄色が、ミモザの花の色に似ていることからこの名前が付けられました。さっぱりとした甘みでアルコール度数も低く飲みやすいため、女性にオススメです。黄色い小さな玉状の花がたくさん集まって、ひとつの花となるミモザ。花言葉は「思いやり、女性らしさ」。カクテル名の由来となった花の花言葉を知っていると、さらにこなれ感をアップさせることができますよ。

まるでチョコレートケーキのような「アレクサンダー」



出典:Shutterstock.com

アレクサンダーはブランデーをベースにして、生クリームとカカオリキュールを混ぜたカクテル。チョコレートケーキのような味が特徴です。1863年にイギリス皇太子エドワードとデンマーク王女アレクサンドラの結婚式で捧げられたことが、このカクテルの由来といわれています。アルコール度数は25度とかなり高めですが、甘く濃厚な味わいから女性にも人気が高いカクテルです。おいしいけれど、お酒に弱い女性は飲みすぎに気をつけて。

お酒に強い人におすすめ「ホワイトレディ」



出典:Shutterstock.com

ジンベースで、ホワイトキュラソー、レモンジュースでできたショートタイプのカクテル。真っ白のかわいい見た目に反し、アルコール度数が29度と高いのが特徴です。1919年ごろ、ヨーロッパで一番オシャレなナイトスポットといわれていたロンドンのクラブで、名バーテンダーによって考案されました。もともとは、ペパーミントリキュールがベースでしたが、ジンベースに変わってから世界中で人気が出たそうです。甘みと酸味のバランスがとれた女性に人気のカクテルです。

カクテルは種類が多いのでよく知らないものは避けてしまい、いつも同じものばかり頼んでしまいがち。これを機に、飲んだことがないカクテルも、ぜひ注文してみてください。こなれ感のあるオシャレな大人の女性を演出できるはずです。