これが世界初の電子和太鼓だ!ローランドと鼓童による共同開発「電子担ぎ太鼓」誕生

写真拡大

初音ミクとのコラボレーションをはじめ、これまで様々な新しい試みを行っている、世界的にも人気の太鼓芸能集団「鼓童」。Japaaanでも何度か紹介させていただきました

その鼓童と楽器メーカーのローランドが共同で、世界初となる電子和太鼓を開発したとの発表がありました。「電子担ぎ太鼓」と呼ばれる電子和太鼓の試作機がこちら。

電子担ぎ太鼓

まるで鼓のようなデザインが印象的なこちらの電子和太鼓は、打面を叩いた時の振動をセンサーで拾い、その信号を電子ドラム・パーカッションの音源に送ることで和太鼓の音色を始め、いろんなパーカッションの音色を発音する仕組み。

信号を拾うセンサーは中央部分の他、端部とフチの計3カ所に設置されており、担ぎ太鼓の演奏方法や打感を実現しているそうです。打面は消音性に優れているから場所を選ばずに練習することが可能なんです。


和太鼓は音色の忠実な再現や、和太鼓固有の奏法に対応する機構設計の難しさの問題などもあり、これまで電子和太鼓の製品化には至っていなかったのだそう。今回発表されたこの「電子担ぎ太鼓」はまだ試作機ですが、今後も鼓童とローランドで共同開発を続けていくとのこと。

なお、新潟県佐渡市で開催される国際文化交流フェスティバル「アース・セレブレーション2017」で行われるパフォーマンス「電子と原始」(2017年8月19日(土))にて、「電子担ぎ太鼓」を使用した演奏が披露されます。

興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。和太鼓の未来の姿を一足早く見られるチャンスかもしれませんね。

電子担ぎ太鼓

ローランド プレスリリース