【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは6日、トランプ大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が電話会談したと発表した。

 両首脳は北朝鮮が米韓や日本に加え、世界の多くの国々に対する「重大かつ深刻化する直接的な脅威」となっていることを確認した。

 両首脳はその上で、国連安全保障理事会による新たな対北朝鮮制裁決議が全会一致で採択されたことを歓迎し、米韓が決議を完全に履行するとともに、国際社会に対しても同様に履行を進めるよう促していくことで合意した。

 ホワイトハウスによると、電話会談は文氏の要請で行われた。