リュ・スヨン&イ・ユリ&イ・ジュン出演ドラマ「お父さんが変」視聴率30%を再突破し週末ドラマ1位をキープ

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
KBS 2TV「お父さんが変」が、週末ドラマの視聴率1位をキープした。

本日(7日)、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると韓国で昨日(6日) 放送された「お父さんが変」は、32.3%の視聴率を記録した。これは前話が記録した28.4%より3.8%上昇した数値であり、週末ドラマの1位の記録である。

同日放送された「お父さんが変」で、ピョン・ミヨン(チョン・ソミン) は父のピョン・ハンス(キム・ヨンチョル) への申し訳ない気持ちで、アン・ジュンヒ(イ・ジュン) の告白を断った。アン・ジュンヒはピョン・ミヨンを後ろから抱きしめ「待っているから」と話した。ピョン・ハンスは、身分を盗用したことがメディアで報じられ、アン・ジュンヒのファンから卵を投げられた。それを見たピョン・ミヨンは涙を流しながら悲しんだ。

同日放送されたMBC「あなたはひどいです」は16.6%、「泥棒野郎、泥棒様」は10.8%の視聴率をそれぞれ記録した。