長友はインテル残留へ前進?

写真拡大

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは6日、ビジャレアルとプレシーズンマッチを行い、3-1で勝利した。長友は左SBでフル出場を果たしている。

 試合後、クラブのルチアーノ・スパレッティ監督が長友に言及。クラブ公式サイトが伝えている。快勝したチームについて称えた指揮官だったが、「だが我々はもっとできるし、チーム内には素晴らしい大きくなポテンシャルがある。私は強いチームを持っていることを確信しているんだ。クオリティーがあるならば、力を抜くのではなくて前へ進み続けなければいけない」とさらなる期待を寄せる。

 そして各選手のパフォーマンスを振り返るなかで、「長友はチームの構造と一貫性を確実にする良い選手だ。チームの深みを考えると、彼は完璧だ」と長友のプレーを称えた。

「我々はクオリティーと資質を持った選手が必要だ。一方でチームのバランスも頭の中に入れておかないといけない」と語った指揮官。今夏限りでのインテル退団をささやかれている長友だが、プレシーズンのアピールにより、残留へ大きく前進したようだ。


●海外組ガイド

●セリエA2017-18特集