ジョニー・デップ演じる映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のキャラクター、ジャック・スパロウのコスプレをインスタグラムで紹介したサッカー選手がいる。一見しただけで、どの選手か判別できる人は多くないかもしれない。

トレードマークのバンダナやウィッグ、さらには左ほほに薄く入った傷跡など、ジャック・スパロウのルックスを完コピしたのは、バルセロナに所属するクロアチア代表のイヴァン・ラキティッチだ。


ラキティッチはインスタグラムで「アルテアとママは退屈するとパパをジャック・スパロウに変えようとする…」とコメント。どうやら、妻や娘がスパロウ船長のファンで、ラキティッチを見事に“演出”したようだ。

その完成度の高さから、ラキティッチの投稿にはすでに12万を超える「いいね」が寄せられている。また、ラケル・マウリ夫人もインスタグラムで「日曜午後、パパをモデルに私たちがやったの」と同じ写真を投稿。こちらも1万以上の「いいね」がつけられている。