学生の窓口編集部

写真拡大


日本が世界に誇る新幹線は、日本列島を移動する際の大動脈。大学生のみなさんの多くが帰省、サークルの旅行などの機会に新幹線を使うでしょう。速くて時間どおりなのがうれしい点ですが、新幹線に乗るとちょっとお高いですね。何とか安くならないか……と誰もが思うでしょう。新幹線で学割があるかどうか、みなさんはご存じですか? 今回は新幹線の学割について解説します。




■新幹線の学割は特急券(特急料金)は安くならないが……

関係性から見えてくる貯金力? お金との相性&関係性診断


新幹線に乗る際には、


・乗車券
・特急券


が必要になりますね。このうち乗車券の購入には「学生割引」を使うことができます。この学割は、新幹線に限らず乗車距離によって適用されますが、


・片道の営業キロが100kmを超えると「運賃が2割引き」


になります。また「往復乗車券」というのがあって、これが片道の営業キロが600kmを超える場合には「往復割引」と「学割」の両方を使うことが可能です。「往復割引では『ゆき』と『かえり』の乗車運賃がそれぞれ1割引き」になり、さらに学割で2割引きになります。つまりトータルで28%の割引になるわけです。


例えば、東京・岡山は営業キロが732.9kmで、乗車券は片道1万480円です。これが学割で「片道7,540円」になりますので、片道で2,940円・往復で5,880円お得です。


JRの学生割引を利用するためには、学生証の提示だけでは駄目で、あらかじめ学校で「学生・生徒旅客運賃割引証(学割証)」の発行を受けなければなりません。この学割証に必要事項を記載したら、駅や旅行代理店の窓口で提示し、チケットを購入します。学割証は学生課などで対応してくれますので、自分の大学で確認してみてください。


上記のように乗車券には学生割引(営業キロ100km超)が適用されますし、遠距離であれば往復割引(営業キロ600km超)も使うことができます。しかし、特急券にはそれらがありませんので、東京・岡山の例で比較すると、


●東京・岡山を新幹線(のぞみ号・普通車指定席)で往復した場合
・乗車券:片道1万480円 × 2 = 2万960円
・特急券:片道6,860円 × 2 = 1万3,720円
小計:3万4,680円


●「学生割引」「往復割引」を利用して東京・岡山を新幹線(のぞみ号・普通車指定席)で往復した場合
・乗車券:片道7,540円 × 2 = 1万5,080円
・特急券:片道6,860円 × 2 = 1万3,720円
小計:片道1万4,400円・往復2万8,800円


です。「のぞみ号」ではなく、「ひかり号」を使った場合の正規料金は片道「1万6,820円」ですが、同様に「学生割引「往復割引」を用いると「1万3,880円」(乗車券7,540円 + 特急券6,340円)で、のぞみよりも「520円」安くなります。もし、のぞみ号じゃなくてもいい、というのであれば「ひかり号」を選択するのもいいですね。


■特急券が安くなる「e特急券」


特急券を安く買うためには、『エクスプレス予約』の「e特急券」を利用する方法があります。これを利用すると特急券だけを割安に購入できますので、別途、駅や旅行代理店の窓口で割引の乗車券を買えば、その分も安くなるというわけです。


エクスプレス予約の「e特急券」でどのくらい安くなるかといいますと、上記の東京・岡山では、

・e特急券:5,530円

ですから、正規の料金と比べて「1,330円」もお得です。往復では「2,660円」が節約できます。

上記の「学割」「往復割引」で購入する乗車券と併せて正規料金と比較すると、


●東京・岡山を新幹線(のぞみ号・普通車指定席)で往復した場合
・乗車券:片道1万480円 × 2 = 2万960円
・特急券:片道6,860円 × 2 = 1万3,720円
小計:3万4,680円

●「学生割引」「往復割引」「e特急券」を利用して東京・岡山を新幹線(のぞみ号・普通車指定席)で往復した場合
・乗車券:片道7,540円 × 2 = 1万5,080円
・e特急券:片道5,530円 × 2 = 1万1,060円
小計:2万6,140円


となり、往復では「8,540円」もお得になるのです。


この「e特急券」を購入するためには、『エクスプレス予約』の会員になる必要があります。『エクスプレス予約』は東海道・山陽新幹線をスムーズ&スピーディーにお得な値段で利用できる予約サイトで、特に新幹線を利用することの多い営業マンが愛用しています。大変便利なサイトなのですが年会費1,080円(税込み)が必要になりますので、自分の新幹線の利用頻度などを考えてから入会するようにしてください(同サイトの詳細は記事末の公式サイトURLを参照のこと)。


⇒データ出典:『EXPRESS(エクスプレス)予約』「e特急券のみ(普通車指定席・グリーン車・普通車自由席/おとな・こども料金)」
https://expy.jp/product/pdf/e-toku_only_price.pdf

■「こだま」を利用する方法もある!


早く着くことにこだわらないのであれば、「ぷらっとこだま」を利用するのも一つの方法です。「ぷらっとこだま」は、JR東海ツアーズが販売している、東海道新幹線・新幹線「こだま」を格安に利用できるチケットです。例えば、東京・名古屋で料金を比較(通常期)してみると下のようになります。


●東京・名古屋「普通指定席」の料金比較

・正規料金:1万880円
・ぷらっとこだま:8,300円
※通常期(2017/7/1-8/10、8/21-12/27、2018/1/7-3/9)と繁忙期(2017/8/11〜20、12/28〜2018/1/6)で料金は異なります。

差額は「2,580円」になり、かなりお得です。また、ぷらっとこだまには「お得な加算料金でグリーン車に乗れる」「1ドリンク引換券付き」などの特典もあります。


「のぞみ」「ひかり」と比べて、こだまは停車駅は多いので時間はかかりますが、そのぶんのんびりと移動することができるともいえます。インターネットでは「利用日の1カ月前の11時から出発5日前でまチケットを購入できます。またネット上での空き席照会も可能ですから、ゆっくり移動するのでもいいという人は、このぷらっとこだまの利用を考えてみてはいかがでしょう。


⇒データ引用元:『JR東海ツアーズ』「ぷらっとこだま」
http://www.jrtours.co.jp/kodama/


■金券ショップはお得!?

新幹線のチケットを安く買うには、金券ショップを利用するという方法もあります。ただし、金券ショップでは新幹線回数券をバラ売りしていることが多いので、その場合には以下のような制約があります。


・利用できない期間がある
(4月27日〜5月6日、8月11日〜20日、12月28日〜翌年1月6日は利用できません)
・途中下車できない


金券ショップで新幹線のチケットを購入すると、価格はだいたい10%オフくらいが普通で、うまくいって(格安のものが出るときもあるので)15%オフぐらいになります。


『エクスプレス予約』の登場で、特急券も安く入手できるようになりました。帰省のたびに大きな出費を強いられているみなさんはこのサイトを利用することを考えてもいいでしょう。


新幹線の学割についてご紹介しましたがいかがでしたか? 乗車券の学生割引を利用する際には、くれぐれも上記のとおり「学生・生徒旅客運賃割引証(学割証)」がいることを忘れないようにしてください。

⇒『エクスプレス予約』公式サイト
https://expy.jp/

(高橋モータース@dcp)