(CNN) 「マリフアナに浸れる町、ニプトンへようこそ」――。米カリフォルニア州の小さな町に、いずれそんな看板が設置されるかもしれない。

マリフアナ関連品の製造や栽培を手がけるアメリカン・グリーン社(本社アリゾナ州)が3日、同州ニプトンの土地約50ヘクタールを丸ごと買い取った。報道によると、購入価格はおよそ500万ドル(約5億5000万円)。同社はこの地を米国初の「大麻に優しいエネルギー自給型観光地」として売り出す計画だ。

ニプトンはネバダ州との州境に近く、ラスベガスからは車で1時間ほど、カリフォルニア州ロサンゼルスからは3時間ほど。もともと金銀の採掘や牧畜を主要産業としていた町で、ホテルが1軒と日用品店、学校校舎がある。

人口はわずか20人ほど。

アメリカン・グリーンは同地でまず、大麻入り飲料水のボトル生産に乗り出す計画。250万ドルを投じて1年半がかりで行う開発計画には、マリフアナ食品の製造や大麻草の栽培も盛り込まれている。

観光客向けの温泉や宿泊施設、マリフアナ販売店も設置して、「意識の高い大麻消費者のための初のエコツーリズム」を展開する。

娯楽用マリフアナは昨年、カリフォルニア、ネバダの両州で合法化された。ただし連邦法では依然として禁止されている。