ツアー初優勝を挙げたストラウド(撮影:GettyImages)

写真拡大

<バラクーダ選手権 最終日◇6日◇モントリューゴルフ&カントリークラブ(7,472ヤード・パー72)>
ツアーで唯一の“ステーブルフォード方式”で行われた、「バラクーダ選手権」の最終日。22位タイから出た35歳のクリス・ストラウド(米国)が9バーディ・1イーグル・3ボギーでこの日20ポイントを獲得。猛チャージでグレッグ・オーウェン(イングランド)、リッチー・ワレンスキー(米国)と並び通算44ポイントでホールアウト。勝負はプレーオフに持ち込まれた。
松山英樹、2度目のWGCタイトル奪取!
18番パー5の繰り返しで行われたプレーオフ。1ホール目でまずオーウェンが脱落。2ホール続けてバーディを奪ったストラウドがワレンスキーを破り勝利。うれしいツアー初優勝を挙げた。
“ステーブルフォード方式”ではスコアに応じてアルバトロスが8点、イーグルが5点、バーディが2点、パーが0点、ボギーが-1点、ダブルボギー以下は-3点というポイントが与えられ、その合計で順位を争う。

【最終結果】
優勝:クリス・ストラウド(44pt)
2位T:リッチー・ワレンスキー(44pt)
2位T:グレッグ・オーウェン(44pt)
4位T:トム・ホージ(41pt)
4位T:スチュアート・アップルビー(41pt)
6位T:デレク・ファサワー(40pt)
6位T:ロバート・ギャリガス(40pt)
8位:サム・サウンダース(39pt)
9位T:ライアン・パーマー(38pt)
9位T:パットン・キジーア(38pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】松山英樹の優勝セッティング、前回優勝時との変化は?
全英で我慢強さ学んだ鈴木愛“最低限の目標”も達成!
最新のギアニュース&試打レポートをまとめてチェック!