間宮祥太朗(C)2017「全員死刑」製作委員会

写真拡大

【間宮祥太朗/モデルプレス=8月7日】俳優・間宮祥太朗の初主演映画「全員死刑」の公開日が、11月18日に決まった。合わせて、場面写真も公開された。

【さらに写真を見る】タトゥー姿の間宮祥太朗が美しい

今回解禁となったのは、背中から胸に掛けてパックリと割れた見事なタトゥーが施された間宮の姿。憂いを帯びた表情には色気とヤバさが漂い、同作の狂気性が露わになった。

タトゥーの入れ方には、『孤高の遠吠』(15)などでこれまで数多くのヤンキーに取材を重ねてきた小林勇貴監督のこだわりがたっぷり。リアルなタトゥーを書き入れるメイキング写真も公開された

◆映画「全員死刑」とは?


2004年に福岡・大牟田で発生し、被告である家族4人全員に死刑判決が下った異例の事件「大牟田4人殺害事件」をモチーフにした同作。借金を抱え困窮した生活を送っていた4人のヤクザ一家が、近所の資産家の金を奪おうと無謀な計画で1人を殺害したことをきっかけに、連続殺人へと狂い咲いて行く様を、実行犯の次男の目線で描く。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】