北朝鮮の国旗(2017年3月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)韓国の康京和(カン・ギョンファ、Kang Kyung-Wha)外相と北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ、Ri Yong-Ho)外相が6日、フィリピンの首都マニラ(Manila)で開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)の夕食会の前に短時間、言葉を交わした。韓国の聯合ニュース(Yonhap News)が7日、同国外務省当局者の話として報じた。

 康外相は、朝鮮半島の緊張を和らげる軍事対話や、離散家族の再会について新たな協議の提案を受け入れるよう北朝鮮側に要請したという。

 だが、李外相は「南(韓国)が米国と協力して北朝鮮に対する圧力を高めようとしている現状を考えると、そのような提案は誠実さに欠ける」と反発したという。
【翻訳編集】AFPBB News