子どもがまた熱!? 気持ちの切り替え法&思っても口にしてはいけない言葉

写真拡大

子どもって、どうしてしょっちゅう具合が悪くなるのでしょうか?

保育園から急な電話! 「オレ無理パパ」にお迎えしてもらう方法

その都度 “今日の予定”は白紙になり、体調を崩している子どもに向かって嫌味の一つも言いたくなってしまいます。

朝、子どもに微熱があれば保育園は預かってはくれません。そんなとき、子どもの体調を心配するより「仕事を休まなければならない。どうしたらいいの」と焦り、子どもにイラっとしてしまうことってありませんか?

しかし、ここで口にしてしまってはいけない言葉があります。

『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』の著者の立石美津子が詳しくお話しします。

朝起きたら子どもが発熱

子どもの病気は予測不可能。昨日まで元気はつらつだったのに、「朝起きたら具合が悪い」なんてこともあります。

親にとって大事な予定が入っている日に限って体調を崩すような気もしてきます。

予定していたことが白紙状態。スケジュールの組み直しのため、あちらこちらに電話しお詫びの連続になってしまいます。

■仕事中の呼び出しにストレスが…

朝、子どもの体温は37.0度。「まあ、大丈夫か」と保育園に預けたら、11時頃携帯が鳴り、「熱が37.8度に上がっているのですぐに迎えに来てください!」と担任から連絡。

こんなときも「朝は平気だったのに、どうして。もう!」と頭にきてしまいます。

ワーキングマザーでなくても子どもの体調にイライラされることが

ワーキングマザーでなくても子どもの体調にイライラされることがあります。

たとえば…休日、子どもたちを連れて久しぶりにママ友と遊園地へお出かけする予定を立てていました。

ところが当日になって下の子が発熱。他の子に風邪をうつしてはならないし、上の子だけママ友に頼むのも気が引けて結局行けなくなってしまいました。

上の子はむくれるし、ママ自身もストレス発散ができずイライラしてしまいます。

■筆者の経験

筆者も同じような状況でした。息子は特に3歳になるまでは頻繁に熱を出していました。やっと治って保育園に登園させたら、また誰かの風邪がうつって数日後に病欠。

どうしても休めない講演会を依頼されている日は、万が一のときに備えて前もって「もし、子どもが当日熱を出したらすぐに来て」と70歳の母のスケジュールを押さえていました。

でも、子どもが元気だったら元気だったで母は「そのために何も予定を入れずに空けていたのに元気だなんて…」と、その日の予定がなくなり不満気です。

子どもはどっちへ転んでも文句を言われる状態でした。

■それを言っちゃあおしまい

子どもの病気を心配するよりも、仕事を休まなければならないことや予定が白紙になることを残念に思ってしまう…そんな感情が沸き上がることに、罪悪感を感じていませんか?

でも、ママだって人間です。これは自然な感情です。だから自分を責めることはありません。ただし、心では思っても、子どもの前では決してこんなことを口に出してはなりません。

「なんで楽しみにしていたお出かけの日に限って熱を出すのよ!」

「あなたが熱を出すとママがどんなに困るかわかっているの!」

「全部、予定を立て直さなくちゃダメじゃない!」

「こんなにしょっちゅう休んだら、仕事を失っちゃうじゃない!」

子どもは具合が悪いのにこんなことを言われたら、辛いです。

■ママの気持ちの切り替え法

体調を崩している子どもに暴言を吐いても、お互い嫌な気持ちになるだけです。

ですから心で思ってもグッと堪え、気持ちを切り替えてみませんか?

暇を持て余してイライラしないで、予定が空白になったことをプラスに考えて「さて、今日は一日家に居られるぞ」と楽しめる方法を考えましょう。

子どもが寝込んでいるとき

好きなDVDをずっと観る普段出来ない読書やネットサーフィンをする手の込んだ料理を作ってみる普段出来ない掃除、片付けをしてすっきりする子どもと一緒に昼寝三昧の一日にする

子どもが比較的元気なとき

家で絵本の読み聞かせをたくさんするペットボトルや牛乳パックで工作をするお絵描きをする料理を一緒に作ってみる

まとめ

休めない仕事がある日に限って子どもは具合が悪くなるものです。

ママを引き留めておきたい気持ちが身体に現れるのです。

だんだん年齢を重ね、体力がついてくればそれほどは多くはなりません。今だけの辛抱ですので、気持ちを切り替えて家での過ごし方を工夫しましょうね。