岡田准一と有村架純が見つめ合うシーンも 『関ヶ原』新予告編

写真拡大

 8月26日に公開される映画『関ヶ原』より、新予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、司馬遼太郎の同名小説を映画化したスペクタクルアクション。豊臣秀吉亡き後、豊臣家への忠義から立ち上がる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康の世紀の合戦を描く。監督を『日本のいちばん長い日』の原田眞人が務め、石田三成を岡田准一、徳川家康を役所広司が演じるほか、有村架純、平岳大、東出昌大がキャストに名を連ねた。 

 このたび公開された新予告編は、石田三成が、幼少期に豊臣秀吉に気に入られ家臣として仕えるきっかけとなったと言われる、お茶でのもてなしシーンから始まる。“佐吉”の愛称で呼ばれ、秀吉からの信頼を受ける三成だったが、秀吉の死をきっかけに、徳川家康と敵対関係に。島左近、前田利家、小早川秀秋の姿や、伊賀の忍び初芽と三成が見つめ合い、心を通わせ合うシーンなどが映し出されている。(リアルサウンド編集部)