顔認証といえば、スマートフォンを目線と同じ位置まで持ち上げて認証するイメージですが、iPhone 8の顔認証「Face ID」ではその必要がないようです。

iPhone 8を置いた状態でも顔認証が可能

Appleがおそらく誤って公開してしまった、発売前の『HomePod』のファームウェアから、iPhone 8に搭載されると噂のFace IDの詳細がまた判明しました。

これまでに、赤外線のセンサーを使って顔認証が行われること、Apple Payでも顔認証が使えることが判明しています。

同じファームウェアから新たに発見されたのは、iPhone 8本体を机の上などに置いた状態でもFace IDによる認証を行う、とする記述です。

アクセシビリティ機能の1つとして分類されているようですが、これがFace IDの標準機能なのか、それともオプションなのかは分かっていません。

わざわざ記述されていることを踏まえると、これはFace IDのオプションで、設定アプリからオン・オフを切り替えられるのかもしれません。

この機能がもし使えるのであれば、『iPhone 7』までのTouch IDと同じ感覚で、机の上にiPhone 8を置いたまま、パスコードを入力せずにロック解除ができます。もし机の上に置いたまま解除できないのであれば、その度にiPhoneを持ち上げなければなりません。

机の上に置いたまま、どの程度の範囲まで認証が行えるのかは不明です。しかし、読み取り機にかざした上で認証を行うApple Payも、Touch IDと同様の感覚で使えるのかもしれません。

これに先立ち7月には、iPhone 8は机の上に置いたまま顔認証が可能、とする噂が報じられていました。

Face IDによる「iPhoneのオートロック」機能も?

「Face IDを使ったオートロック」とみられる記述も発見されました。詳細は不明ですが、この記述を発見した『iHelp BR』は、ユーザーの顔が認識できなくなったときにiPhoneを自動でロックする機能ではないか、と推測しています。

Touch IDがアプリのロックを解除する際に使えるように、Face IDもアプリのロック解除に使えるようになると思われる記述も発見されています。

参考

Firmware do HomePod corrobora rumor sobre reconhecimento facial do iPhone 8 funcionar até com o aparelho “deitado” | iHelp BR