画像提供:マイナビニュース

写真拡大

FiNCはこのほど、「ウォーキングに関する調査」の結果を明らかにした。同調査は6月14日〜19日、20〜49歳の女性1,178名を対象にインターネットで実施したもの。

同調査では「意識的に歩いている・やや意識的に歩いている」と回答した女性を『歩く女子』、「あまり意識的に歩いていない・意識的に歩いていない」と回答した女性を『歩かない女子』と定義している。

まず、「意識的に歩いている」「意識的に歩いていない」と回答した各250名に、自分について当てはまるものを尋ねた。すると、「異性にモテる」「美人だと思う」「ストレスが少ない」「友人が多い」「体力に自信がある」「寝つきが良い」「ポジティブである」「幸せだと思う」のいずれの回答率も、歩く女子の方が歩かない女子よりも多かった。

特に「異性にモテる」については『歩く女子』のポイントが『歩かない女子』の1.58倍、「美人だと思う」についても1.65倍の差が出ている。「今の自分を幸せだと思いますか?」という設問も、『歩く女子』の60.0%が「そう思う」と回答したのに対し、『歩かない女子』は51.6%だった。幸福度の点数も、『歩く女子』が66.9点、『歩かない女子』が61.4点となり、歩く女子の方が高くなっている。

次に「歩く女子」「歩かない女子」と回答した807名を年齢(20代、30代、40代)、職業(OL、主婦)別に分けた。「現在の身体のコンディションの点数(100点満点)」を聞いたところ、どの世代、どの職業でも『歩く女子』の方が『歩かない女子』に比べて高い点数となっている。

自分の見た目年齢は、実年齢より上・下のどちらだと思うか聞くと、「見た目年齢が実年齢より下」と回答した人の割合は、どの世代、どの職業でも『歩く女子』の方が『歩かない女子』に比べ多かった。40代で比べたときOLの場合は13.4ポイント、主婦の場合は15.2ポイントもの差が出ている。

「意識的に歩いている/やや意識的に歩いている」と回答した589名に、意識的に歩くことでよかったことや嬉しかったことを聞くと、29.3%が「ポジティブになった」、21.4%が「痩(や)せた」という回答が多かった。

「歩くことを楽しむ(続ける)コツ」を聞いたところ、75.2%が「歩数を記録する」と回答した。続いて「無理をしない」(71.6%)、「音楽を聴く」(66.8%)、「お気に入りの場所や道を歩く」(58.8%)、「お気に入りアイテム(靴やウエア)を身につけて歩く」(49.2%)となっている。