新たな噂によると、『iPhone SE』の後継モデルは早ければ来年発売されます。

2018年3月までに出荷開始?

『FOCUS TAIWAN』が消息筋から得た情報によれば、台湾の企業がインド国内で「iPhone SE 2」を製造するため、工場機能を強化する動きを見せています。

iPhone SEはインドで生産されていますが、その生産が開始されたあとにiPhone SE 2の契約がAppleと台湾企業の間で取り交わされたそうです。

iPhone SE 2は来年の第1四半期に出荷が始まりますが、最初の販売国はインドで、ほかの国・地域ではその後になる可能性がある、と消息筋の話を元に報じています。

「来年の第1四半期」がいつを指すのかは不明ですが、1月から期が始まるとすれば、1〜3月にiPhone SE 2が発表・発売される可能性があります。

iPhone SEも2016年3月に発表・発売され、2017年3月には『iPhone 7』の新色が発表されているので、来年も何かしらの新製品が発表・発売されるかもしれません。

これに先立ち、インドのウェブサイト『Tekz24』も、iPhone SE 2は「来年の第1四半期に発売」と報じていました。

このときは第1四半期をインド国内で使われている区分で解釈したので、発売は4〜6月と推測しました。しかし、台湾のFOCUS TAIWANも同様に「第1四半期」としているので1〜3月の可能性が高そうです。

これらの噂が事実なら、1〜3月が近づくにつれて具体的な日付が明らかになるでしょう。

iPhone SE 2のスペック

特徴として触れられているのは「iPhone 7よりも小型」という点だけで、新たに報じられた情報はありません。

8月2日にご紹介した噂によれば、iPhone SE 2はiPhone 7と同種のA10 Fusionプロセッサを搭載し、新デザインになるようです。詳細は以下のページでご覧ください。
新型iPhone SEの詳細

参考

Wistron to expand production in India for smaller iPhone assembly | Economics | FOCUS TAIWAN