中国では日系車について「ボディーに使われている鉄板が薄いため、安全性に劣る」という噂を耳にするが、自動車の衝突安全性は鋼板の厚さで左右されるものではない。中国での噂は根拠のないデマであるにもかかわらず、このデマを信じてしまう人も少なからず存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日系車の安全性は低いという噂」について検証する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では日系車について「ボディーに使われている鉄板が薄いため、安全性に劣る」という噂を耳にするが、自動車の衝突安全性は鋼板の厚さで左右されるものではない。中国での噂は根拠のないデマであるにもかかわらず、このデマを信じてしまう人も少なからず存在する。中国メディアの今日頭条はこのほど、「日系車の安全性は低いという噂」について検証する記事を掲載した。
 
 記事はまず、「自動車は多くの部品から構成された非常に複雑な機械」であることを指摘し、鋼板の厚さで安全性を評価することなど到底不可能であることを指摘した。中国では自動車のボディを手で押してみて、ボディが凹むかどうかで厚さを判断し、そして自動車の安全性まで判断しようとする人がいるのが現状だ。
 
 続けて、「自動車の安全性を知るには、3箇所を確認すればよく、この3箇所がしっかりしていれば、安全な自動車だと確信できる」と紹介。まず1つ目は、「車体構造」を挙げ、自動車の構造設計においては「事故の衝撃を受け止めつつ、緩和・吸収し、車内に衝突のエネルギーを伝えない」構造が安全だとする一方、車体構造は分解しないと分からないため、「消費者が直接確認する機会はほぼない」としている。
 
 2つ目は、「使用されている鋼材」を挙げた。「車体構造上、もっとも重要な骨組みに普通の鋼材が使われているようでは安全ではない。強度の高い鋼材を使用する必要がある」と指摘する一方、使用されている鋼材の強度についても、消費者が判断するのは非常に難しいことだとした。
 
 3つ目は、「自動車の安全装置」を紹介した。エアバッグ、シートベルト、横滑り防止装置(ESP)などの安全装置は、直接的または間接的に乗員の安全に影響を与えるが、こうした安全装置の有無や性能は「自動車の安全性を評価する上で重要な点であり、消費者にとっても分かりやすく、判断しやすい部分」だと指摘した。
 
 まとめとして記事は、「自動車の安全性能は総合的に考える必要があるが、ドイツ車と日系車の安全性は大差ない」とし、中国で噂されている日系車の安全性が低いという噂はやはり根拠がないと指摘した。日系車は安全ではないというデマが存在しつつも、多くの中国人消費者が日系車に乗っている。聡明な消費者は、日系車の安全性についての噂は「根拠のないデマ」であることを知っているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)