闘病経験がもたらした、徳永英明の“現代の応援歌”

写真拡大

 “シルキーボイス”と呼ばれてきた徳永英明の歌声。感情の揺れや哀切さを表現するのに、これほど適した歌声は他にないだろう。まさに唯一無二のシンガーである。流行り廃りに左右されることなく、そこにずっと立っていて、こちらが手を伸ばした時にはいつでも優しく歌いかけてくれるーー徳永英明の楽曲を聴くと湧いてくるのは、そんなイメージだ。

 7月19日に、4年ぶりのオリジナルアルバム『BATON』をリリースした徳永英明。昨年にはデビュー30周年を迎えるも、ある困難が彼の前に立ちはだかる。2001年に発病したもやもや病の再発だ。

 徳永英明といえば、「壊れかけのRadio」をはじめとした多くの代表曲を持つも、名曲カバーのイメージも強いだろう。特に近年は2005年からスタートしたカバーアルバム『VOCALIST』は計6作に及び、累計売り上げ600万枚以上を誇る大ヒットを記録。時代に名を残した古今の楽曲を歌い継いできた。徳永がカバーに挑戦したのは、もやもや病を発症したことで、「人のために歌いたい」と心境の変化があったからだという。

 徳永英明の31年にわたるキャリアは、平坦な道のりではなかった。「レイニーブルー」でのデビュー後、「輝きながら…」「夢を信じて」、そして事務所独立後にリリースした「壊れかけのRadio」が大ヒットするなど、一躍スターの仲間入りを果たした。しかし、その間には、1993年の声帯ポリープの手術、2001年のもやもや病発病、そして再発……と、病と隣り合わせの状態であった。もやもや病は脳血管障害の一種であり、場合によっては生命にかかわる難病である。徳永は、楽曲の中で病を示唆するようなことを歌うことはなかったが、常に命と向き合わざるを得ない状況であったことは間違いないだろう。

 もやもや病による脳梗塞を防ぐ手術を経て、リハビリを通して克服。そんな大きな経験を経て、10年続いた『VOCALIST』シリーズを封印してリリースしたのが、ニューアルバム『BATON』だ。そして、やはりアルバムのキーとなるのは、6月に先行シングルとして発売した「バトン」。徳永自身が作詞作曲を務め、また、「壊れかけのRadio」「最後の言い訳」「夢を信じて」等を手がけた瀬尾一三と16年ぶりにタッグを組んで制作された。

 以前テレビに出演した際、「バトン」について「世の中の30代、40代、50代の人たちはいろんなストレスを抱えているんだけど、負けてもいいし泣いてもいいし立ち止まってもいいし、先に進めなくてもいいから。バトンをつなげてもつなげなくてもいいしという感覚で書いた歌だと思います。最後は気持ちハッピーエンドで終わっているのが何とも言えないなと思っています」と話している。

 「バトン」は、高音の旋律が儚げに響くバラードナンバー。まさに徳永英明の真骨頂と言える楽曲に仕上がっている。前述の発言にあるように、徳永はこの曲を特に同世代に向けて制作したという。<かっこ悪くていい><闘わなくていい><変わらなくてもいい>……他者からの期待、守らなければならないもの、後悔、喪失ーーそういったものをたくさん抱えながら生きている大人のための楽曲だ。

 実際にファンからも「とても苦しみ、とても頑張ってきた人が、ふっと息を抜いて大丈夫だよと背中を押してくれる温かな歌」「希望を失わない主人公に共感を覚え、肩の力が抜けました」「これでいいんだと肯定してもらえたようで泣けた」「人生の困難の時、この新曲「バトン」が新たな道を導き出してくれると思います」といったように、感銘を受けたというメッセージが数多く届いている。過労死やストレス、長時間労働など、“頑張りすぎる”ことで起こる社会問題を、ここ数年は本当によく耳にするようになった。周りの目を気にし、自分の心に嘘をついたり身体の悲鳴に気づかないでいた結果、心身を壊したり、時には命を落とす者も……。そんな限界の状態でなんとか生きている人々に、徳永は「バトン」を通して手を差し伸べようとしているのかもしれない。今年でデビューから31年。闘病をはじめとする様々な経験を積んできた徳永英明だからこそたどり着いた、現代のための応援歌ーーそれが「バトン」である。

 その歌声を生まれ持ち、いくつものヒットナンバーを生み出しキャリアを更新してきた徳永英明。『BATON』では、人のために歌うという信念を貫きながら、今の徳永英明にしか歌えない言葉とメッセージを通して、現代を生きる人々に新たな感動を届けることになるだろう。(文=若田悠希)