画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●TNGAはデザインも変えた

7月に発表されたトヨタの新型「カムリ」は、パワートレインまで含めたオールニューTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー、詳しくはこちら)であることもアピールポイントだ。ではその結果、走りはどうなったのか。試乗会でドライブしてみると、同じカムリという名前を引き継いだことに違和感を持つほどの内容に仕上がっていた。

○ドイツ勢に挑戦? トヨタの新型セダン

「セダン復権」に「オールニューTNGA」、そして「ビューティフル・モンスター」。先月、トヨタが新型カムリの発表会で語った言葉は、最近の日本でのカムリの販売台数から見れば、あまりに挑戦的だ。

もちろんカムリは、米国で15年連続乗用車ベストセラーという人気車種なので、トヨタが力を入れるのは当然なのだが、2リッター以上のセダンでは国産車以上によく見るんじゃないかと思われるメルセデス・ベンツやBMWなどの輸入車に、本気で戦いを挑んできたという見方もできる。

それを確かめるには、乗ってみるのが一番だ。というわけで、7月下旬に千葉県で行われた試乗会に足を運んだ。現場ではエンジニアにも話を聞くことができたので、その内容を含めてお届けしたい。

○目を引くスタイリングにTNGA効果

まずはスタイリング。発表会では人ごみに隠れて分からなかったフォルムが明らかになった。旧型カムリは典型的な3ボックス、つまりエンジンルーム、キャビン、トランクという3つの箱を組み合わせたようなフォルムを持っていたが、新型はとにかくノーズの低さと伸びやかさが目立つ。

エンジニアに聞くと、これもTNGA効果なのだという。「プリウス」や「C-HR」に続く低重心設計のおかげで、エンジンフードを40mm低くすると同時に、フロントピラーの位置を50mm後方に移動させることができた。新設計エンジンの排気管が後方にあるのでスペースを確保するためもあったが、プロポーションを良くする狙いもあったそうだ。

これに明確なサイドのキャラクターライン、旧型より25mm低い上にゆったりした弧を描くルーフ、そのルーフから連続するリアウインドーとトランクリッド(ふたの部分)がミックスして、カムリという名前が信じられないほどエモーショナルなフォルムになっていた。

新しい顔は、遠くから走り寄ってくるときが特に鮮烈だ。1840mmという幅の広さに対し、ヘッドランプが低い位置にあるので、スポーツクーペが来たのかと勘違いするほどだった。

●ボディとステアリングのしっかり感に感動

○余裕ある室内空間、トランクに奥行き

ドアを開けてキャビンに入ると、インパネもまた低い。それ以上に目につくのは左右非対称のダイナミックな造形で、外観と釣り合っていると思った。ただ、300万円を超えるクルマとしては、質感はもう少し頑張ってほしい。

大きなサイズの前席は適度にふっかりしていて、長距離移動が多い北米をメインマーケットとしたクルマらしい好ましさが伝わってくる。ピラーの後退に合わせて、ホイールベースを50mm伸ばして2825mmとしたおかげもあり、後席は身長170cmの僕なら楽に足を組める。

それ以上の注目はトランクだ。全長は4885mmと35mmの延長にとどまっているのに、奥行きに圧倒される。実はここもTNGA効果だ。プリウスやC-HR同様、ハイブリッドシステムのバッテリーを後席下に置いたおかげで、旧型にあったトランク奥のバッテリーの出っ張りが消滅しているからだ。

でもカムリだから、いくらオールニューTNGAといってもたかが知れている。そう思い込んでいた筆者は、走り出して100mぐらいで明らかな違いに驚くことになった。

○直進安定性は国産車離れ、ACCなどの安全技術も装備

とにかくボディがしっかりしている。ステアリングの切れ味もカチッとしている。旧型とは別次元だ。しばらくしてコーナーが現れたのでそのステアリングを切っていったら、プリウスほどではないが低重心をしっかり感じた。

乗り心地は低速で段差や継ぎ目のショックを伝え気味という米国車風の感触だが、速度を上げればしっとり感が得られた。今回は「G」と「G“レザーパッケージ”」の2グレードに乗ったが、ホイール/タイヤは前者が17インチ、後者が18インチと異なっており、サスペンションとのバランスが取れていたのは18インチの方だった。

広大な北米大陸を淡々と走ることもあるのだから当然だが、直進安定性もまた国産車離れしている。さらに新型にはプリウスなどと同様、アダプティブクルーズコントロール(ACC)やステアリング制御付き車線逸脱警報などからなる安全技術「トヨタセーフティセンスP」を装備しているから、リラックスして長距離をこなせそうだ。

●北米にはある「もう1つの顔」の導入を

TNGAエンジンを起用したハイブリッドシステムは、メカニズムそのものはこれまでのトヨタ・ハイブリッドと同一なので、アクセルの開け方とスピードの伸びがいまいち一致しない例の感触はそのまま。でもサウンドは「フォーン」と澄んだ音を聞かせるようになった。これなら回しても気にならないだろう。

○力作が多い国産セダン、カムリの美点は

このクラスの国産セダンには力作が多い。具体的に名前を挙げるとホンダ「アコード」やスバル「レガシィ B4」などだ。北米をメインマーケットとしていることが効いているけれど、とにかく長距離移動が快適。日本の信頼性の高さと米国のおおらかさをミックスした存在なのである。

しかもセダンは、SUVやミニバンと比べると重心が低いので、サスペンションの制約が少ない。腰高感を抑えるために固めにしたら乗り心地が荒くなった、なんていうことはない。ハンドリングや直進安定性も高水準を追求できる。

メルセデス・ベンツやBMWのようなブランド力はないけれど、セダンとしての実力は負けていない。それが300万円台で買えるのだからありがたい。その中で新型カムリの美点を挙げれば、やはりTNGAによって成し得たダイナミックなプロポーションと走りの質の高さになるだろう。

○追加を望みたい「もう1つの顔」

でも、ここまで走りが良いのなら、北米向けにはある「もう1つの顔」を選べるようにしてほしい。北米向けカムリにはLE系とSE系があり、日本仕様と基本的に同じフロントマスクを持つLEに対し、SEは顔つきが別物になり、アルミホイールやリアコンビランプを含め、はるかに精悍になる。

走りのカムリをアピールするなら、日本にもこの顔を入れてほしい。というか、カムリのイメージを一新するなら、こっち一本で良かったんじゃないか。そう思うほど新型カムリのレベルアップは際立っていた。