どんなに好きな相手でも「さすがに、これをされたら別れたくなる」という瞬間があるものです。今回は、男性が彼女と「別れよう」と決意する瞬間について調査してみました。



1. 親のことを悪く言われたとき


・「以前付き合っていた元カノが、ケンカしたときに俺の親の悪口を言い始めたときですね。『あんたの親はバカだから』とか『親の育ちが悪いと、息子もこんな風にダメ人間になる』などと言われて、その瞬間に冷めて別れようと決意しました」(22歳男性)

2. 自分のお金を勝手に使われていたとき


・「昔、同棲していた彼女が、2人で使うために貯めていた生活費用の貯金を管理していた。あるとき通帳を見たら、毎月5万円くらいずつ勝手に引き出されていたことが判明。彼女がバッグや財布や服を買うために、2人のためのお金をほとんど使い切ってしまっていたんです。そのときは怒る気も失せてしまい『今すぐ別れよう』と思いました。お金で裏切られると、もうそれまで築き上げて来たものが一気に崩れますね」(26歳男性)

3. 浮気したことを悪びれないとき


・「彼女の浮気が判明したとき、怒らずに『なんで浮気したの? もう辞めて欲しい』と伝えたら、バレたことが気まずかったのか、逆ギレしはじめた。『お前が悪い』とか『あんたが大事にしないから、しかたなく浮気したんだ』とか暴れていました。自分が浮気したことを彼氏のせいにするとか、マジでドン引きです」(24歳男性)

4. 仕事で忙しいのに浮気と疑われたとき



・「仕事の関係で毎日帰宅が深夜1時、2時という時期が続いたことがあります。仕事中はスマホをいじってLINEをする暇なんてないので、仕事帰りのタクシーでスマホを開くんです。そしたら彼女から『LINEの未読30件』『留守電20件』みたいな感じで、さらにドッと疲れてしまって……。その後電話をかけると、『どうせ浮気しているんでしょ!』と深夜に怒鳴られる始末。こっちは必死で働いているのに、浮気と勘違いされるというのはもう耐えられませんでしたね」(27歳男性)

5. 勝手にスマホを見てきたとき


・「シンプルだけど、スマホを勝手に見られたらもう別れます。恋人同士って、信頼するのが一番大事だと思うんですよ。男だったら、たとえ浮気していなかったとしても、女の子とLINEくらいはしますよね。それを浮気だと思われたり、彼女の見えない範囲のことを全て疑ってこられたら無理。そんな締め付けられた不自由な関係は続けられないです」(21歳男性)

6. 「死ぬ」などと脅して愛を確かめようとされたとき


・「なぜか元カノが全員メンヘラ体質……。ケンカすると『もう死ぬから!』と泣きながらベランダに飛び出したり、『愛してくれないから他の男と浮気しているなう』と、浮気していることをわざと伝えてきたり……。そういう風に、愛情を確かめるために脅されたら、もう一気に心が疲弊してダメになっちゃいます」(22歳男性)

カップルで一番大切なのは“信頼”!



以上、彼氏が「もう別れよう」と決意する瞬間を見ていきました。やはり一番大切なのは「信頼関係」だとわかります。相手の大切な人の存在を否定したり、愛情を確かめるために行きすぎた行為をしてしまったり……。

「彼女」という立場だからといって、なにをしても許されるというわけではありません。節度をもった付き合い方を心がけることが一番大切なのです。
(ヤマグチユキコ)