クラブが決めるなら仕方ない…アザール退団の噂にコンテ監督は

写真拡大

『Express』は6日、「チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、アザールの去就を決めるのはクラブであると語った」と報じた。

今夏のマーケットではウィリー・カバジェロ、アントニオ・リューディガー、そしてアルバロ・モラタと獲得してきたチェルシー。しかしその一方でネマニャ・マティッチを失っており、選手層が増強されたとは言い難い状況になっている。

さらに現在はバルセロナがかなり大きな額を準備してエデン・アザールの獲得を狙っているとも言われており、マーケットの終盤も苦しい動きが続くと予想される。

コンテ監督はインタビューに対して以下のように話し、アザールの動きも含めてすべてはクラブの決断であると語ったという。

アントニオ・コンテ

「よくご存じのとおり、私はエデン・アザールとの間に強い信頼関係を持っている。なぜなら、彼は本物のトッププレーヤーであるからだ。

しかし、繰り返しておきたいことがある。私は監督であり、その見解を述べることはできる。

だが、最終的な判断を下すのは常にクラブであるということだ。

私は、エデン・アザールがチェルシーでプレーしてくれることを望んでいる。

忘れないでほしいのは、我々がこのスカッドを改善させていこうとしていることだ」

(ネイマールが世界最高額を記録したが、チェルシーは大物補強を準備するか?)

「今は一人の選手に多額のお金を費やすような時期ではない。多くの選手が必要なのだ」