亭主関白かと思いきや…

写真拡大

 2015年9月に吹石一恵(34才)と結婚した福山雅治(48才)。2016年12月には第一子も産まれた。そんな福山は長崎出身。典型的な九州男児だ。ラジオなどでの奔放な発言を聞いていると、結婚前は「きっと古いタイプの夫になるんだろうな」と思っていたファンは多いはず。実際、過去に雑誌のインタビューにこう語っていた。

《僕は結婚相手としては面倒くさい男だと思いますよ。曲作ってるから寄ってこないでほしい、でもご飯、掃除、洗濯はやってほしい。食べたいときにご飯作ってくれて、Hな気分になったらそれに付き合ってくれて、休日はゴロ寝してても文句を言わず。でもそんな女性はまずいないですからねぇ…》

 完全な「亭主関白」宣言なのだが、吹石との「夫婦のリアル」は意外にもまったく違うようだ。

「“妻は家を守るもの、外で仕事をするなんて…”と福山さんなら言いそうでしたが、そうでもなかったことがかなり意外でした。福山さんは本当にファン思いの人だから、自分のイメージを大事にしています。常に緊張感を持って生活している彼にとって吹石さんは、自分のありのままを見せられる存在なんでしょう。

 それだけに彼女には“福山雅治の妻”という生き方ではなく吹石一恵として自由にそのままでいてほしいという気持ちが強いんだと思います。望むなら仕事復帰もまったく問題ないのでしょう」(前出・芸能関係者)

 妻の望みを優先するのは、「福山の育った家庭環境の影響もあるのでは」と、この芸能関係者が続ける。

「福山さんのお父さんは博打好きでほとんど家に帰らず、お母さんがパートで家計を支えました。家族旅行や外食をした思い出はないと公言する福山さんですが、母親が働いている姿を間近で見ていたし、感謝しているんでしょう。だから結婚したといっても、妻が働くことに何の抵抗もないんだと思います」

 いつの日か、おしどり夫婦としてメディアに登場する日が来るだろうか。

※女性セブン2017年8月17日号