8月6日(日)に『リネージュ2 レボリューション』(以下、リネレボ)のイベント「YouTuber対抗30vs30 超巨大マルチバトルリーグ-決勝戦-」が行われました。

この記事では、予選で勝ち抜いた「デイビッド」と「マックスなうしろ」の決勝戦の内容を詳しく紹介していきます。

イベント全体のレポートはこちら→ 【リネレボ】配信日の発表やリーグ優勝血盟も決定! イベントの様子をレポート!

予選の様子はこちら→ 【リネレボ】白熱した超巨大マルチバトルリーグをレポート! 決勝進出チーム決定!

▼下のボタンから今すぐ予約!▼

リネージュ2 レボリューション

バトルリーグの優勝は誰の手に!?

今回行われた「YouTuber対抗30vs30 超巨大マルチバトルリーグ-決勝戦-」は、7月22日に開催された「YouTuber対抗 30vs30超巨大マルチバトルリーグ」の決勝戦です。

『リネレボ』の見どころである大規模PvPコンテンツ「要塞戦」をオフラインで行うイベントで、予選を勝ち抜いた2チームが激突しました。

▼決勝戦の前に、予選の内容がダイジェストで公開されました。




「要塞戦」とはインスタンスエリアで展開される対戦型のコンテンツ。自軍のエリアに設置された“聖物”を守りつつ、相手の聖物を奪えば勝利となります。

ただし、道中には進行を防ぐ“防御塔”や、占拠することで自軍の能力が上がる“祭壇”があるため一筋縄の攻めでは勝利することはできません。

30人という戦力をどう割り振り、どのように相手チームの裏をかくか、といったところが対戦のポイントとなります。

▼司会は予選に引き続き、「百花繚乱さん」、実況を「OooDaさん」「マミルトンさん」「S嶋さん」が担当。


決勝戦には「デイビット」チームと「マックスなうしろ」チームが登場。代表の3名が登壇し、優勝への意気込みを語ってくれました。

▼「デイビット」チームを率いる代表者たち。


▼代表者3名の名前を組み合わせた「マックスなうしろ」チーム。


手に汗握る白熱の決勝戦

「デイビット」チームは序盤からキル数を稼ぐスタンス。対する「マックスなうしろ」チームは狙いを絞る攻め方で、早々に防御塔を破壊することに成功します。

▼各チームの代表者3名は別席でプレイ。そこから指示を出し、全軍を率いていきます。



▼バトル開幕直後から戦局は大きく展開。


「マックスなうしろ」チームの的確な戦略にやや押され気味な「デイビット」チーム。防戦一方の「デイビット」チームのダメ押しをするため、「マックスなうしろ」チームは積極的に聖物を狙い、勝負を決めに行きます。

▼聖物への刻印を積極的に仕掛ける「マックスなうしろ」チームですが、ギリギリのところで「デイビット」チームが妨害します。



そうはさせじと聖物の防衛をする「デイビット」チームですが、戦力がバラけたところをすかさず「マックスなうしろ」チームが攻撃を仕掛ける、といった形で対戦は「マックスなうしろ」主導で進んでいきます。

▼キル数を稼ぎ、確実に戦力を削るという地道な作戦を続ける「デイビット」チーム。


完全に攻勢を強める「マックスなうしろ」チームに対し、各個撃破によるキル数という強みで数的有利を作り出す「デイビット」チーム。ここぞという場面で「デイビット」チームがカウンターを仕掛け、「マックスなうしろ」の薄い防御網を狙っていきます。

どちらが勝つか最後まで分からないバトルでしたが、最後は時間切れとなりキル数が多かった「デイビット」チームが勝利という結果に。20分という長丁場の戦闘でしたが、最後まで一瞬の油断も許されない緊迫した戦いに、会場も大いに沸きました。


優勝者は豪華クルーズの旅に

バトル終了後は表彰式と景品の授与式が行われました。表彰式では、勝利チームの血盟主であるコスケさんが「勝てたのはうれしいが、終始劣勢だったので今でも勝てたのが不思議」と、「マックスなうしろ」チームの強さを称えていたのが印象的でした。

▼対戦後は握手で互いの健闘を称えあっていました。


▼表彰を受け取る「デイビット」チームの代表者たち。




優勝チームに贈られたのはクルーズでの豪華ディナー券。イベント終了後、優勝したチームのメンバーたちは送迎のリムジンに乗り、豪華クルーズへと旅立ちました。


デイビッド優勝おめでとうございます!

▼下のボタンから今すぐ予約!▼

リネージュ2 レボリューション

© NCSOFT Corp. © Netmarble Games Corp. & Netmarble Neo Inc. All Rights Reserved.