今年5月31日にサービス開始されると、瞬く間にネット上で話題となった「VALU(バリュー)」。個人を会社に見立てて、「自分を株式上場できる」という仕組みだ。それぞれの「価値」に応じて値段が決まり、本人はVALUを売り出すことで資金調達ができる。流通するVAと呼ばれる擬似株券は需給によって価格が上下し、第三者も売買することができる。VALUは仮想通貨ビットコインで取引され、すでに「時価総額」が10億円を超えるVALUも誕生している。

 VALUは仮想通貨バブルの徒花になるのか、はたまた新時代のインフラとして定着するのか。VALU代表の小川晃平氏に聞いた。

フリーになってクレジットカードの限度額が減った

―― VALUはまったく新しいサービスですが、「VALUって何なの?」と聞かれた時には、どう答えているんですか?

小川 「簡単に言うと、SNS×クラウドファンディングみたいなものですよ」と説明をしています。ただ、言葉で伝えるのは難しい。15年前に「SNSって何なの?」っていう質問をするのと同じで、やはり使っているうちに慣れていただくしかないのかなと思っています。そのSNSにしても、当初はいろんなかたちがありました。ただ、現在使われているFacebookやInstagramを見ていると、やがてサービスが収斂していったわけです。VALUも、2〜3年後にはいろいろな変化を経てインフラとして根付いているんじゃないかと。すごく感覚的な話ですけど。

 あと、「SNSなのか?」「株式なのか?」といった議論が続いているからこそ、これだけVALUが注目されているのかなと思う部分もあります。


VALU社長・小川晃平氏 ©文藝春秋

―― 小川さんのこれまでの経歴を教えてください。

小川 もともとは大学院を卒業して、新卒でグリーに入社しました。モバイルアプリゲームの開発などをやっていまして、その後シリコンバレーにあるグリーのアメリカ支社に赴任しました。帰国後は新規事業でホテル予約サイトなどの開発に携わって、2014年に辞めてフリーランスになったんです。VALUを始めたのは、去年の8月とか9月ぐらいですかね。

―― なぜVALUだったんでしょうか。

小川 サラリーマンは社会的信用がすごく高いんですよね。ところが、会社を辞めてフリーランスになった瞬間にクレジットカードの限度額が30万円になって、そのことを嫌というほど気づかされました。自分の能力は伸びているのに社会的信用は落ちている。ちょっと矛盾しているなと。そういった思いもあって、VALUというサービスができたような気がします。組織に所属していないクリエイターさんには、自分と同じような経験をしている人がたくさんいる。そういった方々に応援、拡散してもらっているというのが、やっぱり一番デカイかなと思っています。

―― スタートアップには、堀江貴文さんも関わったと聞いています。

小川 堀江さんには、当時も現在も「アドバイザー」という立場でVALUに関わってもらっています。1ユーザーとして改善点の指摘を受けたり、大事なアップデートがある時には情報拡散をお手伝いしてもらっています。

―― 先ほど「SNS×クラウドファンディング」という話がありましたが、そういうサービスに興味があったんですか?

小川 出発点としては、まずビットコインの仕組みにすごく興味があった。これまで通貨制度は、ポンド本位制とかドル本位制とか金本位制とかいろいろ変遷してきているじゃないですか。そんな中で、歴史を変えるようなビットコインのテクノロジーに惚れ込んで始まったんです。

―― 最初にビットコインのアイデアを聞いた時に、社会の中でインフラとして根付くなという予感はありましたか?

小川 ありました。感覚的なんですけど、今の世の中はどんどん二極化が進行している。歴史を紐解くと、中国文明もエジプト文明も二極化することで崩壊しているんです。ビットコインは、史上初めて国家が管理していない通貨です。そういう民主的な通貨が生まれれば、先進国も発展途上国も、大企業も一個人もフラットになる、ポスト資本主義の新しいかたちを提示できるかもしれないと思っていました。


ビットコインは社会のあり方を変えるのか ©iStock

―― ビットコインを知ったのはいつぐらいですか?

小川 2012年とか2013年ぐらいかな。

―― わりと早い段階ですね。

小川 はい。シリコンバレーに行く前後ですね。2012年には数百円だった1ビットコインが、2013年の年末に急騰して、一時期10万円を超えていた(※現在は1ビットコインが約30万円)。そこから一度暴落したんですが。ただ、僕がビットコインを買い始めたのは2014年でしたね。

殺到するユーザー審査は「超大変」

―― 現在、VALUに登録しているユーザーは何人ぐらいですか?

小川 ユーザー数は約4万人になりました。そのうち上場しているのは14000人ほどです。ローンチして2カ月で急に増えましたけれど、自分たちでもこのスピードは予想外でした。

―― 予想していなかった?

小川 想像は超えてます。かなり超えてます。当初、数百人しか使わないんじゃないかなと思っていました。それがプロモーションを一切せずに4万人まで伸びたので……。

―― VALUでは、個人が「上場」する際にFacebookやTwitterなどをベースとした審査があります。これだけ急速にユーザーが増えてくると、かなり大変な作業でしょうね。

小川 超大変です。当初は僕も含めてその場のメンバーが交代しながらやっていたんですけど、最近ようやく常時2人は申請に対応できるような体制になりました。ローンチ直後は、審査で3週間待ちというケースもありましたが、1週間以内には可否のご連絡を出せるようになりました。


VALUのオフィス風景 ©文藝春秋

―― その際の評価基準や注目ポイントは、どういったところなのでしょうか。

小川 基本的には本名がFacebookに載っていること。かつ、情報商材とかマルチビジネスを扱っていないことの2点が基準です。あとは、そもそも非公開設定にされている方はジャッジのしようがないので棄却しています。公開した上で再度申請してくださいと。

―― 審査などを通じて、「こんなことをやってる人がいたんだ」という驚きや新しい発見はありますか?

小川 たくさんありますよ。例えば、アフリカでペイントアートをやっている方がいますね。脱サラしてアフリカに1年間ぐらい住みながら、そこで描いた絵をシェアしているんです。「プロのコスプレーヤーとして活動したい」という女性もいますし、地元を盛り上げるために地方活性化のイベントを打っている人とか。あとは、タイ在住でVALUを通じて資金調達して、東南アジアの孤児院に寄付金を回している人もいましたね。「いろんな使い方ができるな」という実感は、審査を通じてヒシヒシと感じます。だから、あえて使い方を固定しなくてよかったかなと今では思っています。

投機的な動きを意図的に抑えている

―― 今、ベータ版として公開されていますが、正式リリースになると何が変わりますか?

小川 正式リリースのタイミングでアプリ化したいと思っています。経験上、ウェブはモバイルと違ってユーザー体験がすごく集まるので、スピーディにPDCAサイクルを回して機能開発が進むんです。ベータ版である程度の問題が起こるだろうなと予想していたので、クイックに対応できるようにシステムを設計してあります。アプリ版ローンチのタイミングは、寒くなる前には出したいなと。遅くとも年内には。

―― 2カ月間試行錯誤して、主にどういった点が改良の対象になってきたのでしょうか。

小川 一番気を付けていたのは、ユーザーのリテラシーに合わせた機能制限ですかね。そこが一番難しい。日本では金融に関する知識を義務教育で教わらないこともあって、金融のリテラシーがないとVALUで損をしてしまう可能性がありました。そこに対しては、運営側として制限をかけています。

―― 具体的には?

小川 今のところ、主に3つあります。取引量の制限、値幅制限(ストップ高、ストップ安)、そして1ユーザーに対して1日1回しかオーダーが出せないという制限です。

―― 例えば、私が小川さんのVALUを買おうとしたら、1日1回しか買えないということですか。

小川 そうですね。売り買い合わせて1回です。

―― デイトレード的な取引はできない、ということですね。

小川 できません。かなり縛っていると思います。みんなのリテラシーが上がってきたら少し緩めるかもしれないし、人が増えてきて荒れそうだったらもっとキツくするかもしれません。


©文藝春秋

―― メンバーの中に、いわゆるフィンテックや金融に詳しい方がいるんですか?

小川 本当のプロフェッショナルはいないので、外部の専門家に「どういうふうにすればいいですかね」とご相談しています。また、リリース前には、3〜4回は金融庁を訪問しました。「こういう仕様でやるんですが、法律的に大丈夫でしょうか」と確認するためです。もちろん、顧問弁護士とも話し合っています。とはいえ、VALUは株ではないので、完全に株式市場を模倣する必要はありません。自分たちはどういうシステムを作りたいのか、どうすればユーザーがもっと喜べるかな、と常々考えています。

―― VALUのトータルでの時価総額は、現在いくらぐらいになっているんでしょうか。

小川 トータルの時価総額は公表してないですね。飾りみたいな数字なので、あんまり出しても意味がないと考えています。

―― ものすごいスピードで増えている?

小川 そこまで増えてはいないです。このユーザー規模でここまで行ったらヤバイな、という意識があるので。投機的な動きを意図的に抑えています。僕たちのビジネスモデルは、最初のVALU売り出し時に10%、それ以外の取引で1%の手数料を徴収しています。ですから、正直取引されればされるほど儲かる仕組みなんですけど、中長期的に見ると、投機目的でダーッと上がっていく状況では、僕たちのもともとのコンセプトから乖離してしまう。

―― 焼け野原になってしまう。

小川 目の前のお金よりも長くサービスを続けることを優先させています。いくらでも悪さはできるんですけど、自分たちが生きていける生活レベルでやろうと。みんなクリーンな心を確かめ合いながら(笑)。

 最近、仮想通貨を用いた投資が過熱していて、「ICOバブル」と呼ばれる現象も起きています。アメリカの会社が、わずか3時間で150億円を調達したとか、完全にバブル的な動きになっている。僕は2〜3年でバブルが崩壊すると思っているので、VALUはそうならないように意図的にすごく抑えて、ちゃんと成長させていこうとディレクションしてます。

―― VALUのシステムとして、株主リストのようなかたちで誰が誰のVALUをいくら持っているか、アイコンですべて可視化されています。このあたりはSNS的ですね。

小川 そうですね。これには二つの意図があって、最初は非公開にしていたんですが、インサイダーみたいな動きが多くなってしまって。見えていれば不正が起きにくい。それから、現実の投資の世界でもそうですけど、スタートアップで有名なインベスターが入ると「あの投資家が入っているなら」と他の人にも波及していきます。面白いクリエイターが支援している活動なら、自分も支援したい、と輪が広がっていく仕組みになっています。

「完結しないから面白い」

―― 一方、VALUには「わかりにくい」部分もあります。例えば、クラウドファンディングでは「ミャンマーに学校を建てるので500万円を集めます」と資金を募って、実際に学校が完成すればプロセスが完結します。しかし、VALUの場合は、仮に売り出したVALUが完売しても、どこでそのプロセスが完結するのか見えにくいのではないでしょうか。

小川 それはおっしゃる通りですね。どういうふうに説明すればいいのかな……。逆説的かもしれませんが、「完結しないから面白い」と僕たちは思っているんです。クラウドファンディングは予約購入サイトに似ていて、1個のプロジェクトを支援できて、その1個のプロジェクトが終わったら支援者との関係性が途切れてしまう。でも、VALUの場合には、現時点では「何がしたいのか」がフワッとしていたとしても、「この人は熱量があるから、もしかしたら支援して、アドバイスしたらより面白いことができるかもしれない」といった出発点から議論をしながら成長できる。プロジェクトで完結する関係性ではなくて、その人の成長を見続けていられる継続性が、クラウドファンディングとVALUの大きな違いなのかもしれません。ですから、ユーザーの中には明確に「これをやりたいから、資金がほしい」と言っている人ももちろんいますけれど、先ほどのコスプレーヤーの例のようにベーシックインカム的にVALUで支援してほしいという人もいます。

―― 現在、発行されるVALUの数は、初期に割り振られる数から増やせないシステムになっていますね。

小川 分割できる機能は実は設けようと思っています。今、絶賛開発中です。そうしないと、今は100VAしか発行していない人が将来有名になった時にどうするんだ、というケースをサポートできなくなってしまうので。そこは重点的に開発していこうと話し合っています。


©文藝春秋

―― VALUは年内にどれぐらいの規模まで拡大するのでしょうか。

小川 分からないですね。アプリ化の反応も読めないですし、そもそもビットコインを買うという行為自体のハードルがものすごく高い。ただ、ビットコインの取引所さんから話を聞くと、「VALUをやりたいから早く口座開設してくれ」といった要望がかなり寄せられているそうです。ビットコインに限らず、イーサリアムや他の仮想通貨をベースにしたアプリケーションは、今後もっと生まれてくるんじゃないかと推測しています。

―― 会社としては、今後に向けて上場する計画はありますか?

小川 まだ始まって2カ月ですから、実際本当にどのぐらいのバーンレート(資金燃焼率)なのかも見えていませんし、何とも言えないですね。

―― 今後は、どんな展開を考えていますか?

小川 僕がそうだったように、フリーランスのクリエイターはそう簡単に資金調達ができない。世の中には、そういう人がたくさんいると思うんです。NPO法人もそうですね。NPOは社会的には意義がある活動をしています。だけど、非営利なので価値がないとみなされてしまうのです。そこに価格付けすることは、資本主義的にはものすごく意味があると思います。今まで価値が付かなかったものに価値が付くわけですから。法律的に可能なのかはわかりませんが、今後のチャレンジにはなるのではないかと考えています。システム的には難しくない。これからも世の中に対してプラスのインパクトを与えていくことが、僕たちVALU運営側の仕事です。

(「文春オンライン」編集部)