津和野町にあるFoundingBase事務所前にてメンバーと津和野町出身の若手リーダーと


 津和野町は島根県南西部に位置する人口約7500人の山々に囲まれた小さな町である。

 山陰の小京都と言われ、かつては森鴎外など偉大な思想家も輩出した藩校など歴史と文化を兼ね備え、多くの観光客でにぎわった時期もあった。

 しかし、1970年代には1万5000人ほどいた人口も現在約半分にまで減少した。昨今は高校の存続も危ぶまれる状況となっていた。

 こう聞かされると、人口の流出が止まらない中山間地の典型的な自治体という印象だが、現実は全く逆。町を活性化させる様々な取り組みが効果的に働いて、エネルギーに満ちた地域となっている。

 過疎に悩む町から希望に満ちた町へ。その実現に大きな力となったのが、FoundingBase(東京都台東区)という2014年に設立された新しい会社だ。同社は人材育成と町づくりを両立させるために、佐々木喬志さんと林賢司さんの若い2人の共同経営者によって立ち上げられた。

 彼らが過疎に悩む町と契約してやる気ある若者を地域おこし協力隊として送り込み、町を活性化させた第1号が津和野町なのである。

 FoundingBaseが津和野町でまず取り組んだのが津和野町にある県立津和野高等学校の魅力化・改革だった。過疎化で定員割れが続いていた高校を魅力あるものにした結果、今年度は新入生の応募が倍率1倍を超え全校生徒数も209人までに回復している。

 このほか、津和野町が抱える様々な課題を解決すべく協力隊のメンバーたちをサポートしてきた。その結果、地方自治体から活動費を受け取って1年から3年の任期で活動する地域おこし協力隊の期間が終了した後もそのまま町に残って起業する人が増えている。

 この1年でも5人の若者が起業して定住した。彼らの熱心な活動に触れ、よそ者に冷たいのが常である日本の地方の人たちも変わってきた。自ら新しいことを始めようという人や地域おこし協力隊の人たちと共同して何かを始めようとする人たちが出てきているのだ。

 東京や大阪、京都などの大都市で大学を卒業した高学歴の若者が津和野町に集まり、地域の問題点と可能性を徹底的に検討して、日本全体あるいは世界の目線で津和野町をとらえる。そして何をすれば津和野町の素晴らしい資源を生かせるかを考える。

 そうした中で次々と新しい試みが生まれているのだ。IターンやJターンなどの成功例では、例えば同じ島根県の海士町や徳島県の神山町などが有名だ。実績でも津和野町はまだこれらの町にかなわない。

 しかし、注目したいのは、津和野町の町おこしがFoundingBaseが関わっている日本全国を視野に入れた地域活性化の取り組みという点だ。1つの地方自治体の成功例というだけでなく、日本の地方全体に横展開しやすいという特徴がある。

 FoundingBaseは現在6つの自治体を支援しているが、支援自治体の数が増えてくれば加速度的に地域おこしの実績とスピードが上がってくるだろう。また、地域おこし協力隊に参加したいという若者が増えることも間違いない。

 実際、同社は日本全国の若者たちに向けて定期的なイベントを開催し、新しい働き方や新しい生き方の提案をし続けている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

日本の若者に新しい働き方・生き方を提案

 彼らが主催するイベントの中でも特に重要な位置づけなのが「シゴトカイギ」だ。2013年に始まり、これまで年に数回、合計9回開催されている。最も最近では今年6月に開催された。

 地域に興味があったり、キャリアに迷っている学生や第2新卒などの若者たちが毎回100人以上集まる。

 そこでは社会起業家やスーパー自治体職員、会社員、公立高校で日本の教育を変えるために燃える校長、デザイナーなど第一線の現場で活躍する10人ほどのゲストスピーカーが講演する。

 そして小人数に分かれて各スピーカーを囲み、講演の内容だけでなく広く社会や経済に関して対話ができる仕組み。参加者自身が気になるスピーカーと直接対話でき、新たなロールモデルや働き方・生き方のヒントを得られるというプログラムである。

 こうした取り組みをなぜ始めたのか。また、今後の展望としてどう考えているのかをFoundingBaseの共同代表の佐々木喬志さんと林賢司さん、そして若者たちのよき相談役としてイベントを支えている福井健さんの3人に聞いた。

シゴトカイギの様子。ゲストスピーカーを囲み、参加者と近い距離で対話を繰り返す


問:どのような思いでシゴトカイギを始めたのですか?

佐々木:少し自分の話からになりますが、父親が墓石屋だったこともあり、自分が死んだ後に生きた証として何を残すのかということを考える環境で育ちました。

 また、自分の父親が働く姿を身近に見ていたことで世の中の変化や、生きるとは何か、働くとは何か、について自然と考えるようになっていたようです。

 今就職活動している人たちは、親がサラリーマンや公務員の人が多く、世の中のことが分かりにくい環境に置かれていると思います。ロールモデルになるような大人を知らずに育っているケースが増えているように感じます。

 だとすれば、様々なフィールドで活躍するな多彩なゲストと深く対話すことで、生き方のヒントが得られるのではないかと思ったのです。FoundingBaseの採用の意味合いもありますが、オープンで若い人の出会いの場にしたいと考えていました。

FoundingBase共同代表の佐々木喬志さん。現在は月の半分高知県四万十を過ごしている


 参加者はどのゲストスピーカーと話したいか3人選ぶことができます。1人のゲストスピーカーに対して参加者を10人くらいまでの規模にして、ごく近い距離で対話してもらっています。

林:地域で働くことの格好良さ、面白さみたいなものを知ってもらいたいとの思いで始めましtあ。いわゆる一般的な説明会や求人広告のようなものでは何かにチャレンジしてやろうという魅力的な人材は集まりにくい。

 ぼくらと一緒にやることがあってもいいし、ゲストスピーカーとマッチングできてその地域で働いてももいいし、地域に興味がある仲間として繋がっていくでもいい。

 広い意味で仲間になる人と出会いたいと思ってやっています。実際に地域を元気にするプレイヤーが増えないと地域活性はできません。地域を活性化するぞという熱意にあふれた人の熱量の総和を増やしていきたいと思っているんです。

売り手市場なのに迷う若者たち

問:毎回100人を超える若者たちがシゴトカイギに参加するというのはすごいことだと思います。背景には社会構造の変化のようなものがあるのでしょうか。

福井:経済産業省の若手官僚が5月に発表した「不安な個人、立ちすくむ国家」リポートの中にもありましたが、「昭和の人生すごろく」と言われるようなある種の皆が一様に信じることができるモデルのようなものが今はなくなったことが大きいのではないかと思います。

 自分もそうですが、生まれた時に既にバブル時代は終わっており、デジタルネイティブとして物心ついた時から情報に溺れ、疑うことが当たり前という傾向があると感じます。

 とはいえ、ベンチャー企業などの創業者やユーチューバーなどカリスマ的に注目されるような人たちの成功の形や事業そのものが、本当に賞賛されるようなものなのかと、どこか疑問を感じている人も多いのではないかと思います。

 シゴトカイギには高学歴な人も多く参加しますが、彼らは受験競争には勝ち抜いてきたけど、いざ就職活動のタイミングになって初めて、この社会で自分は何をしたいのか、どんな生き方・働き方がしたいのかのロールモデルがないことに気づくのです。

 昔も学生たちは同じようなタイミングで迷っていたかもしれないですが、違うのは信じることができるモデルが今の学生たちにはなくなってしまったということだと思います。

 そうした漠然とした不安を感じている若者たちが多く参加していると感じます。

イベントへの参加だけでは行動に移せない

問:参加者は参加後に実際にどのような行動を取ることが多いのでしょうか。

福井:イベントの後、参加者全員にコンタクトしてフォローしています。7〜8割の方が何らかのアクションを取っています。

 ヒントをもらって自らのフィールド(今いる会社の中や転職など)で動く人、ゲストスピーカーと何らかのマッチングがあり動く人、FoundingBaseに関心があり応募してくれる人、それぞれ同じくらいずつの割合でいます。

 ただ、一人ひとりと面談していると、ゲストスピーカーに連絡を取っていいものか迷っていたり、次の一歩が必要だと分かっているけど踏み出せない人が多いのです。

 面談にも時間をかけているのは、イベントだけで終わってしまうと行動変容が起きない人も多いからなのです。

 今やっていることやその方の内的な関心を深く掘り下げていき、どうアクションを起こすべきか一緒に考えていきます。

 あくまでも本人の内的動機を基にしたものでないと、間違いなく途中でやめてしまうので、本人にとって大切な一歩につながれば、我々としてはどのフィールドでもよいと考えています。

 自分たちと一緒にでなくても、必ずどこかでつながってくる同志・仲間になっていくからです。

格好いい大人が見つかる場を拡げていく

FoundingBase東京オフィスの福井健さん。自身も大学を中退し、メンバーとして津和野町で高校魅力化プロジェクトの経験がある


問:シゴトカイギの今後の展望や課題を教えてください。

佐々木:これまでの9回はすべて東京で行っています。

 「ここまでゲストと肉薄できるイベントはなかった」「他の地域でもやってほしい」という声が多くなってきたこともあり、今後は47都道府県で開催していくことを考えています。

 機会の格差が東京と地域では大きい。各地にもこんな格好いい大人がいるということを知ってもらいながら、ナレッジシェアやコミュニケーションしながらつながっていく生態系をつくっていきたいです。

 人材紹介業界は右から左へと単純に職業紹介しているだけになってしまいがちですが、参加者のフォローをしっかりしながら内省を支援し、本人が本当に望む未来を支援していく仕組みも構築していきたいと思っています。

若者たちのロールモデル探しを手伝い、内的動機を探る支援を行うシゴトカイギ


自治体の枠を超えてつながる仕組みづくり

問:FoundingBaseのこれからの展望をお聞かせください。

林:ミクロを見ているとマクロが見えにくくなり、逆にマクロばかり見ていると感情やエネルギーを見落としてしまいます。そのバランスを取っていく意味で、各自治体の取り組みとイベントの両方をしっかりと進めていこうと思っています。

 現在6自治体の支援をしていますが、プロジェクトのノウハウを共有したり協働で進めるなど、横串としての仕組み化も進めています。

佐々木:どこかの成功モデルの表面だけを真似して国の予算を使う、金太郎あめのように似通った自治体が多いと感じています。

 複数の自治体を支援することで、一つひとつは零細自治体であってもコンソーシアムとしての動きができるようなつながりある魅力を引き出していこうと考えています。

 また、シゴトカイギ以外にも、「町長を囲む会」や「リペイント」というイベントをこれまで続けています。地域に関心を持ってもらえる仲間を増やす意味で、しっかりと続けていきたいです。

 あくまでも1つの地域としてという枠でとらえず、ソーシャルインパクトを見据えながら全力で走っている熱量を、現地視察からもイベントからもインタビューからも伝わってきた。

 点と点をつなぎ合わせ、線を引き、面を作る。彼らの活動の先に地方創生の可能性を感じた。迷いのある若者たちに多様性のある選択肢が与えられることで、日本の地域の未来が明るくなる。そんな予感がしてならない。

筆者:大曽根 衛