料理は「段取り力」を養う。


 人を雇う際、必ずする質問がある。

「料理やお菓子作りはなさいますか?」

 別に料理やお菓子を作ってもらおうという気はない。「段取り力」を計るのにこれほど簡単な方法はないからだ。

 たとえば、晩御飯に豚カツとキャベツの千切り、味噌汁、漬け物、ご飯を出すとしよう。どのおかずも熱々でシャキシャキの状態で家族に食べてもらおうと思ったら、どの食材をどのタイミングで刻み、調理すればよいか、段取りをしっかり考えなければならない。

 料理をしたことがない人だと、これがなかなかうまくいかない。お味噌汁を作ってから豚カツを準備し、豚カツを揚げ終わってからキャベツを刻み、「あ、ご飯炊くの忘れた」というのがしばしば。おかずのどれかは冷めきっていたり、食べ頃を逃していたり。

 料理は、どのおかずも一番美味しいときに、同時に提供することが大切だ。そのためには、どの順番で仕事を片付けていったらよいかを、同時並行的に進める「段取り力」が必要だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

仕事を進める「段取り力」

 この能力は、おしなべて女性の方が高い。男性は、料理が好きでも一品しか作らない人も多い。こだわりのラーメンとかそばとか。これではいまひとつ、段取り力がつかないらしい。ひとつのことに集中しているときは他のことに目をくれる余裕がなく、同時並行で仕事を進めることはできなかったりする。

 もちろんこれは、女性でもできない人はいる。ただ、女性はやはり料理をすることが多いためか、比較的、段取り力を鍛えている人は多い。

 料理で鍛えた段取り力があると、同時並行で仕事を進めるのがうまい。空いた時間に別の仕事を組み込み、入れ子状に高密度に仕事を処理する。それでいて無理がない。

 ところが料理をしたことがない若い男性だと、暇そうにしているから「何しているの?」と聞くと、「今仕込んでいるのが1時間待ちなので、待っています」と答える。「待っている間に別の仕事をしたら?」と言うと、「同時に進めると頭がこんがらがるので」と頭をかく。まあ、同時並行で仕事をしたことがないのだから、無理も言えない。

 しかし仕事ともなると、本当は同時並行で仕事を進めてもらわなければ回らない。こうしたとき、料理の経験はとても生きるのだ。

 ご飯は一番時間がかかるから最初に炊飯器にセットして、みそ汁の具材は野菜だと水から煮ないといけないから最初に刻んで、鍋に火をかけたら豚カツの準備をして・・・どのおかずも一番美味しいタイミングで同時に出せるように工夫する。この思考が、料理だけでなく仕事にも生かせるのだ。

 恐るべきは、育児を体験した女性だ。傍若無人な乳幼児を同時にあやしながら料理や掃除洗濯をこなし、極端な睡眠不足をどうにかやりくりし、体調管理にも気を付け・・・無茶な要求をすべて、どうにかやりくりつけるというところを潜り抜けている。段取り力どころか、横暴な要求もうまくあしらう現場力まで鍛えられる。

 もちろん、うまくこなす前につぶれてしまうことも多い。それくらい、育児中の家事はつらい。ここをつぶれずになんとか乗りきれたら、仕事に生かせるヒントは山ほどある。

 なのに日本は、こうした女性のせっかくの能力を生かしきっていない。だいたい、パートの仕事をするしか選択肢がないのが実情。非常にもったいない。

 以前、「店長のお前じゃ話にならない、パートを出せ」という笑い話を聞いたことがあるが、スーパーの男性店長より、現場のパートのかたの方が柔軟で現実的な解を提供できるということは、実際多いのではないかと思う。

 企業は、家庭における料理や育児を、社内研修と同じかそれ以上に価値あるものとして、位置付け直した方がよいのではないかと思う。同時並行で仕事を処理する「段取り力」は、仕事の処理能力を大幅に向上させる。仕事は失敗が許されないが、料理なら失敗も含めて試行錯誤が可能だから、圧倒的な反復練習ができている。料理で磨いた処理能力は、仕事でも発揮される。

「段取り力」を育てるには

 昔の日本は、男性でも段取り力が備わったのかもしれない。戦後間もなくは、人口の半分が農家だった。農業は、あれを作付けしたら次はこれの準備、というように、さまざまな仕事を入れ子状に組み合わせて進めなければならない。農業を手伝う中で、自然に段取り力を身に付けたのだろう。

 しかし今の子供は、場合によっては受験勉強しかしていない。部活もしているかもしれないが、同時並行で処理するという経験は、ほとんどせずに学校生活を終えることになる。現代の子供には、段取り力を身に付ける機会がほとんどないのだ。

 しかも社会は便利になって、コンビニやスーパーに行けば、お総菜やお弁当が売っている。料理をしなくても食事ができてしまう。家庭ができ、子育てに入っても、お金さえあれば料理をしなくてもどうにかなってしまう。しかしそうなると、子供たちには、段取り力を必要とする場面がほぼゼロになってしまう。仕事では、段取り力が強く求められるというのに。

 長期的展望に立つなら、子どもたちと一緒に料理を楽しむだけのゆとりがないと、子どもに段取り力を身に着けさせることは難しくなる。実際、日本では「個食」「孤食」が進み、子どもは家族と一緒に食べるという経験さえ乏しくなりつつあると言われる。

 この状況は、できる限り長時間会社で働いてもらおうということから生まれた状況だが、この状況を続ければ、日本社会は段取り力を持たない人材を大量生産することになる。一度にひとつのことしかできない人材ばかりになったら、仕事にならない。今の日本の状況は、すでにそれが現実になり始めているのかもしれない。

 日本を持続可能な形で発展していける国にしたいのなら、段取り力を身に着けるのに最適な「料理」を、家庭の中で楽しめるようにする必要がある。それには、疲れきって家に帰るようではいけない。スーパーに買い物に行って、家に帰って「ただいま! これから料理を作るよ! 一緒に手伝って!」と元気に声をかけられる家庭を取り戻す必要があるだろう。

 働き方改革は、単に職場の改善だけではなく、家庭を見据え、次世代がどう育つかを見据えた上で考える必要がある。

「料理」と「段取り力」。どうかこの2つのキーワードを、働き方改革では忘れないでいただきたい。

筆者:篠原 信