【検証】あなたの親の味覚は信用できる? 父親の味覚が狂ってないか検証した結果(笑)

写真拡大 (全16枚)

私の父親は60代後半でありながら未だに町の小さな工場に週5日勤めている。もう立派な年金受給者でありながらフルタイムで働くなんて体への負担は相当なものだろう。一体どんな仕事をして、どんな生活をしているのか心配になったため、先日詳しく話を聞いてみると、信じられない事実が発覚したのである。

毎日同じ昼食を食べている



なんと父親は平日5日間のうち4日、同じうどん屋に通って昼食を食べているのだそうだ。しかも週5日でないのはそのうどん屋が平日に1日定休日があるためで、店が開店している平日はすべてそのうどん屋に通っていることになる。別にその周辺に他の飲食店がないわけでもない。父親が任意で毎日同じものを食べているのだ。

味覚が心配になってしまう



たとえどんなに好きな食べ物だとしても、同じ店に毎日通うというのは普通の感覚では考えられないのではないだろうか。毎日ラーメンを食べているような人もいるが、店を変えながら毎日食べるというケースがほとんどなはず。父親も年齢が年齢だけに、味覚がなくなっているのではないか、前日にどこで食べたのか忘れているのではないか、などと心配になってしまう。



一緒に食べに行ってみることにした



そこである日、アポなしで父親の職場を訪問し、いつも行っているといううどん屋について行くことにしてみた。本当にウマくて毎日通っているのか、それとも何かの間違いで毎日通っているのか、それだけでもハッキリさせておきたかったのである。

埼玉県三芳町の「手打ちうどん 永井」



「何しに来たんだよ」と笑みを浮かべながら話しかけてくる父親。こちらから話を切り出す前に「ちょうど昼だからうどん食いに行くか」と父親の方から昼食に誘ってくれた。



父親の職場から車で数分。そのうどん屋は「手打ちうどん 永井」という店で埼玉県三芳町にあった。民家を改築して作られたのだろうか、いかにも田舎のうどん屋だ。



店に到着するなり「あぁ、いけないいけない」と風でめくれてしまっていたのれんを丁寧に直す父親。この時点でかなりの常連オーラが漂っている。

注文するメニューもいつも同じ



早速店内に入ってみると、中にはカウンター席と座敷席があり、壁一面にうどんや天ぷらのメニューがたくさん貼られていた。どちらもかなり充実しているように感じる。







これだけメニューがたくさんあるなら確かに毎日通ってもまだ飽きないかもしれない。何のメニューがウマいのか父親に聞いてみようと思い、まず「このメニュー、だいたい食べたことあるんでしょ?」と尋ねてみると父親は「いや、いつも肉汁うどんしか食べない」と衝撃の返答……! メニューがたくさんあっても肉汁うどんしか食べないなんて、なおさら心配になってきてしまったぞ……。

となれば、父親が毎日食べているという肉汁うどんを食べてみるしかない。肉汁うどんの中盛サイズと、この店の名物だというかき揚げも一緒に注文してみることにした。



父親がメニューを注文すると、店員さんは「柔らかめでお作りしますね」と、注文する内容まで完璧に覚えられているようだ。見事なまでの常連客である。

ウマそうな肉汁うどんと特大かき揚げ



そして数分後、「お待たせしました〜」と記者が注文した肉汁うどんが運ばれてきた。



ドォォォォーーーンッ!! ほほう、これはウマそうじゃないか!!



真夏日だというのにつけ汁は器に触れただけで火傷しそうなほどに熱く、肉以外の具もたっぷりと入っている。表面に浮かぶ肉の脂がなんともウマそうだ。



麺も独特である。ほんのりとくすんだ色をしているうどんの麺は地粉を使ったいわゆる「武蔵野うどん」だ。太麺でボリューム満点である。中盛でこのサイズとは驚きだ。



そしてかき揚げは高さがすごい。かなりの迫力である。これで150円というのだから破格だ。



……あれ、これどこからどう見てもウマそうなんじゃないの……? 都心部のうどん屋のように上品な感じこそ薄いが、田舎ならではの良さが感じられるうどんである。



やさしい味の肉汁うどん



というわけで早速肉汁うどんを食べてみることに。ズズゥーーーーッ!! ズズズゥーーーーッ!! ……ウメェッ! これは良い! 王道のうどんとは違う道を歩んでいる感じがたまらなく良い!!

麺にはしっかりコシがあり、なにより肉汁が秀逸である。豚肉や野菜から出た甘味と旨味が醤油ベースのダシと混ざり合い、なんとも優しい味に仕上がっている。温かさも相まってホッと癒されるような感覚だ。



隣の席では父親も満足そうな表情で肉汁うどんをすすっている。食べながら「開店当初は混んでなかったけど昔からウマかった。いつか人気が出ると思っていた」というような話も聞かせてくれた。父親はどうやら開店当初から足繁く通うガチの常連だったようである。



確かに連日通いたくなる味



結局、肉汁うどんは瞬く間にペロリと食べ終えてしまった。本当にウマかった。とりあえず父親の味覚にはまったく問題がなさそうである。肉汁うどんでスタミナをつけ、無理だけはせずに頑張ってほしい。……でも毎日同じメニューはやっぱりおかしいと思うがな!

店舗情報



手打ちうどん 永井

住所:埼玉県入間郡三芳町北永井264-2

営業時間:11時〜15時(土日祝日は19時半まで)

定休日:月曜

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/