あいさつを行った須藤凜々花=神戸市内(C)NMB48

写真拡大

 結婚宣言で物議を醸したNMB48の須藤凜々花(20)が6日、神戸市内で行われた同グループのライブに出演し、全メンバーとファンの前で初めて謝罪した。一部で報じられた卒業後のドイツ留学や結婚については言及しなかった。

 山本彩(24)から発言を促されると、「凄いことをしてしまい、あの場をフォローしてくれたNMBのみんなが叩かれたり、一番私が大切にしてきたものを全部傷つけました」と号泣して頭を下げた。

 直後に同じく卒業を発表している木下百花(20)が「ごめんなさいではなくて、須藤さんがNMBのことを好きかどうかが聞きたかった」と割り込み「その気持ちを聞けた気がして、本当に嬉しかった。須藤さんにも後悔して欲しくない」と感情を露わにした。

 進退が注目される山本も「その(卒業)つもりは今はない」とした上で、「凜々花の卒業で崩れるようなグループじゃない。崩させへんし、絶対」と誓った。須藤は30日に卒業公演を行う。