優勝カップを手に笑顔を見せる秋葉

写真拡大 (全2枚)

 シニアゴルフマルハン・カップ太平洋クラブ・シニア最終日(6日、兵庫・太平洋C六甲C=6915ヤード、パー72)首位に3打差の4位から出た秋葉真一(52)=関文グループ=が66で回り、通算10アンダーで並んだ羽川豊(59)=フリー=とのプレーオフを1ホール目のバーディーで制し、今季初優勝で通算3勝目を挙げた。賞金ランキング1位で大会連覇を狙ったプラヤド・マークセン(51)=タイ=は1打差の3位だった。

 ゴルフ人生で2度目のプレーオフ。痺れるような戦いを、秋葉が完璧なショットで制した。

 左サイドからグリーン手前まで池が広がる名物ホールの18番(パー4)。PWでの残り135ヤードの第2打はピン左2メートルにピタリ。ウイニングパットをしっかり決めた。

 「うれしいです。プレーオフは15、16年前にアジアンツアーで一度やっただけ。ドキドキしました。前は負けているし」

 正規の18番では4メートルをねじ込んだ。執念のパーセーブが伏線となり今季初優勝。「パットがよかった。真板さんに『パットは悩んだらダメ。ただストロークすればいい』と言われて楽になりました」。この日は7バーディー(1ボギー)を奪い3打差を追いついた。

 参戦3年目のシニアツアーは1年1勝のペースで通算3勝目。次は年間複数Vが期待されるが「自信はちょっと…。ほかに目標をつくります」と控えめに笑った。(臼杵孝志)

プレーオフで敗れた羽川豊「(17番での痛恨のボギーに)4Iで思いっきりダフってしまった。自滅です」