提供:リアルライブ

写真拡大

 欅坂46が5日、東京・台場で行われた「TOKYO IDOL FESTIVAL」に出演した。昨年に続き2回目の出演となる。

 猛暑のなかで行われたライブは1stアルバムの「危なっかしい計画」からスタートし満員の観客から大歓声が上がった。体調不良が噂されるセンターの平手友梨奈(16)は終始下を向いたままで、ファンから心配する声が飛んでいた。

 後半は「二人セゾン」「サイレントマジョリティー」とヒットシングルを立て続けに披露、ステージを終えた。

 またHKT48の指原莉乃(24)がプロデュースするアイドルユニット「=LOVE(イコールラブ)」がファンの前で初パフォーマンス、来月6日にメジャーデビューすることも発表された。指原が作詞したメジャーデビュー曲「=LOVE」を披露し、全4曲のステージを締めくくった。

 今年で第8回を迎えた「TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)」は、毎年夏にお台場・青海地区を会場として開催される世界最大級のアイドルイベント。合計223組、延べ1000人以上のアイドルが出演し、4日、5日、6日の3日間開催された。