提供:週刊実話

写真拡大

 テレビ朝日の高視聴率ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』が10月にスタートする。同ドラマでは毎回、主役の米倉涼子(41)が銭湯でV字開脚を披露するなど男性ファンを魅了してきたが、なんと今作で、Y字開脚のギリギリ露出を決意したというのだ。
 「米倉は昨年、女性誌のイベントで『なんでいつもV字やらなきゃならないの〜』と笑っていました。とはいうものの、本人も視聴者の期待をよく理解していて、新シリーズでも積極的にやっていくようです」(スポーツ紙記者)

 米倉のV字開脚は、麻酔科医でシングルマザーの城之内博美役・内田有紀と銭湯に入る場面で、お約束のごとく行われる。
 「内田もスタイルはいいが、米倉のスラッと伸びた開脚は別格です。入浴場面では、リアリティーを出すために2人とも下半身ヘア丸出しの全裸だとか。スタッフを女性だけにして撮影に挑んでいるようです」(同)

 シリーズ5となる今作、「私、失敗しないので」の決めゼリフのもと、大門が次々と難手術を成功させる。平均視聴率も、シリーズ1の19.1%以外はすべて20%超えと、怪物ドラマといっても過言ではない。
 「ドラマの主人公のような群れを嫌うフリー外科医は、実際に医療の世界にも存在します。全国の医師は約31万人。そのうち1万人前後がフリー。さすがに、ミニスカ姿で院内をさっそうと歩く手術専門医はいませんけどね(笑)。しかし、毅然とした態度で手術に挑む姿は私たちが見てもスカッとしますよ」(勤務医)

 米倉の公称サイズは、T168、B84・W58・H85。かつてはハイレグ水着でグラビアを飾るなどセクシー女優として活躍していた彼女。今回、Y字開脚を決意した裏には、ある野望が隠れているという。
 「実は、このドラマは9月から、最新作を含めた全シリーズが世界配信されます。その決定に飛び上がって喜んだのが米倉。世界的女優として認知してもらうチャンスと、ド肝を抜くようなセクシーパフォーマンスで猛烈アピールしたいようです」(テレビ雑誌編集者)

 新しい仕掛けも、すでに考えられているという。
 「銭湯だけに限らず、病院のベッドでの開脚とか、あらゆるところでお股を開く可能性があります。しかも、ギリギリのY字挑戦ですから、世界も仰天でしょう」(同)

 お得意のセクシー露出をとくと拝見!