モデルの英国人女性を拉致した容疑で逮捕されたウカシュ・パベル・ヘルバ容疑者。イタリア警察公開(2017年8月5日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イタリア警察は5日、モデルの英国人女性(20)を拉致、監禁し性奴隷として闇サイトで競売にかけようとしたとして、ポーランド人の男を逮捕したと発表した。

 逮捕されたのは英国在住のポーランド人、ウカシュ・パベル・ヘルバ(Lukasz Pawel Herba)容疑者(30)。ヘルバ容疑者は7月11日、撮影会があると偽って女性をイタリア北部ミラノ(Milan)の中央駅近くの現場に呼び出した、女性の腕に麻酔薬を注射し、共犯者とともに女性の服を脱がせて写真を撮影。その後、女性を縛り車のトランクに入れ、ミラノから北西部ピエモンテ(Piedmont)州の小さな村にある家に監禁した。

 だが7月17日になって、ヘルバ容疑者は女性を車に乗せてミラノに戻り、英国領事館近くで女性を解放。ヘルバ容疑者もそこで逮捕された。

 ヘルバ容疑者が女性を解放した理由は不明だが、女性には幼い子どもがおり、自身が属するというネット上の非合法グループ「ブラック・デス(Black Death)」ではそうした女性を誘拐することは禁じられていると、女性に説明したという。

 警察当局は「ブラック・デス」というグループが実在するかどうかは不明だと述べている。また、ヘルバ容疑者が実際に女性を競売で人身売買するつもりだったのか、それとも女性の家族やモデルエージェントに身代金を要求するための脅しだったのかなどについて、現在は特定できていないという。
【翻訳編集】AFPBB News