夏デートといえば花火大会、海デート……と、恋が盛り上がりそうなデートが目白押しですね。特に夏場は肌の露出が増える機会が多く、夏の高揚感と相成って、恋が盛り上がりやすいもの。

そのため童心に返ったかのように、ついはしゃいでしまい、うっかり彼の前で失態をさらしてしまうことも。



出典:https://www.shutterstock.com

今回は、そんな夏デート中の赤っ恥をリサーチ。ちょっと公にしづらいエッチなエピソードが集まったのでご紹介します。

 

■彼の目の前でうっかり下着がまる見えに

「彼と花火大会に行ったとき、靴の紐が緩んでいたので、人混みを避けた道の横で、靴ひもを結んでいたんです。彼も近くで待ってくれていたんですが、結び終わったころ、彼が気まずそうに顔を赤くしているので、“どうしたの?”と聞いたら“パンツが見えていた……”と。緊張していたので、言われるまで全然気づかなかったです。」(27歳/女性/販売)

女子がうっかりやってしまいがちな失敗かもしれません。ワンピースやスカートを着ていくときは、丈の長さに注意しましょう。彼をドキドキさせようと、頑張って短い丈で臨んでしまうと、たとえば椅子に座ったとき、ほかの人に下着が見えてしまうかもしれません。

ほかにも、階段を上るときなど。男性によっては、下品に見えてしまうこともあります。浴衣の場合も着崩れすると、うっかり下着が見えてしまうことがあるので要注意。浴衣用の下着を身に着けられると、着崩れしにくいので持っていない方はぜひ。

 

■彼の前で胸をポロリ…

「よくドラマとかで、海辺やプールでうっかり水着が取れちゃうなんて、ハプニングあるじゃないですか。実はあれが本当に起きちゃって。その日、海がちょっと荒れていたので、大波に飲まれたときに外れちゃって、彼の前で胸がポロリ……(涙)。」(28歳/女性/サービス)

ほかにもウォータースライダーで、水着がうっかり取れてしまうこともあるようです。紐で結ぶタイプのビキニは、普通に結んだだけでは取れてしまいがち。何度も固く結ぶか、取れにくいタイプの水着のほうが、安心かもしれません。

また、水着によってはうっかり透けてしまうタイプもあるようです。一度水着を着てみて、念のためそれでお風呂に入るなど。あるいは、購入する際に透けないタイプか、確認できるといいですね。

 

■お酒に飲まれて彼氏にセクハラ

「私飲まないと、恥ずかしくて好きな人と話せないんです。花火大会の日も緊張していて、気まずかったので、ついお酒に飲まれてしまい……。彼に甘えるように腕を握ったり、彼の乳首を指でつついたり。シラフの彼は苦笑いで、でもどこか嬉しそうで。帰りも彼におぶって帰ってもらって、その後はやっちゃいました。」(28歳/女性/メーカー)

完全な、お酒の失敗ですね。お酒の力を借りないと、思うように話せない女性は、お酒を飲んだとたん、開放的になってしまうのかもしれません。彼への気持ちがあふれ出て、挙げ句、彼へのセクハラが……。

花火大会や縁日は人の目もあるので、あまりイチャイチャし過ぎは禁物。彼を困らせてしまいかねないので、お酒に弱い女子は気をつけて。

 

夏デートは気分が開放的になるものです。一夏の恋で終わるなんてことにならぬよう、ちょっと気持ちを冷静に保てるといいですね。

【画像】

※ Svitlana Sokolova/shutterstock

【関連記事】

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)

※ 【もう…たまんねぇ!】夏デートで「男をキュンとさせる」テクニック

※ グレーの服は着ちゃダメ?女性の「夏デートでの失敗」TOP5

※ 【ワンチャン狙い…?】エッチしたくなった男が取る行動

※ あるある〜!? 「ひと夏の甘〜い恋」の大ショッキングな結末3選

※ もうやめてくれー!「男がドン引きする」エッチ中の必死すぎる行動