必要最低限のシンプルな暮らしを。最近よく耳にする「ミニマリスト」とは

写真拡大

最近では、SNSやメディアでも多く取り上げられている「ミニマリスト」。聞いたことはあるけど、実際のところ詳しいことは分からないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、ミニマリストについて様々な情報をご紹介いたします。あなたの周りにも、ミニマリストが居るかもしれませんよ♪

ミニマリストとは?

modern wooden wardrobe with clothes hanging on rail in walk in closet design interior

近頃、耳にすることも多くなってきた「ミニマリスト」というワード。

ミニマリストが何なのかも、ご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 ミニマリスト=必要最低限の物で生活

Ladies handbag on wooden background

ミニマリストの方の自宅はもちろんのこと、バッグの中身も必要な物しか持ち歩きません。

必要なアイテムを、必要な分だけ揃えるというのがミニマリストの定義とも言えます。

「ベット」「テレビ」「テーブル」のみなど、必要のないものは置かないというシンプルな自宅の方も多いようです。

ミニマリストになるには

What's in my bag combination with shoes and female accessories on the white floor. Top view of the items.

必要最低限のものだけで生活するのは、なかなか難しいことですよね。

では、ミニマリストになるにはどのようなことを心がければ良いのでしょうか?

 自分自身を把握する

Outdoor fashion details. Sunny lifestyle  image of   stylish young  attractive woman in cozy knitted sweater  , holding cup of  hot  beverage , sitting on wooden  city bench.

まずは、自分自身のことを把握していないとミニマリストにはなれません。

「何が必要」で「何が不必要か」を見極めるには、自分が普段からしている行動も関係してきます。

思い切って断捨離することも大事ですが、まずは自分自身を知ることから始めましょう。

 長く愛用できるものを選ぶ

Elegant outfit. Closeup of brown leather bag handbag in hand of stylish woman fashionable girl on green. Female fashion.

洋服やバッグなど、手軽に購入できるアイテムは種類や色違いでついつい買ってしまう方も多いのでは?

それはミニマリストとは言えません。

ただでさえ洋服や小物の量は多く、気付くと収納から溢れかえっているなんてこともありますよね。

トレンドに流されず、長く使い続けることが出来る定番のアイテムを選びましょう。

一つ購入したら、一つ処分するというポイントもミニマリストに近づく第一歩です。

 色や素材に統一感を出す

Stylish living room with grey sofa and small coffee table. Light interior with flooring and decorative wallpaper.

必要な物だけと言っても、部屋のインテリアにはこだわりたいですよね。

そんなときは、家具や壁・カーテンなどの色合いを統一してみてはいかがでしょうか?

物がたくさんあっても、素材や色合いを揃えるだけでスッキリとして見えるはずです。

好きなものだけを残す

Funny family Mother and her child daughter girl with a paper accessories. Mother and daughter preparing for a party and having fun. Beautiful young woman and funny girl with a paper mustache on stick.

ぜんぶ必要なものだから、断捨離なんて出来ない!という方も中にはいらっしゃることでしょう。

そんな方は、これさえあれば大丈夫という自分の好きなものだけを残す方法もオススメ。

好きなものに囲まれて生活すれば、何が本当に大事なことか気付くきっかけとなります。

この機会に、いさぎよく断捨離をしてミニマリストになってみませんか?

 

関連記事

知っているようで知らない「断捨離」の意味と、その効果とは

大切な1日を有意義に使うために、試してみたい3つのコト。