乃木坂46(C)モデルプレス

写真拡大

【乃木坂46・3期生/モデルプレス=8月6日】乃木坂46の3期生が6日、お台場・青海周辺で行われた夏の風物詩「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」(以下、TIF)の大トリを飾った。中盤にはサプライズで白石麻衣、西野七瀬ら選抜メンバーが登場。地鳴りのような大歓声が鳴り響いた。

【さらに写真を見る】サプライズに大歓声、乃木坂46フォトギャラリー

4日から3日間にわたって行われてきた世界最大のアイドルイベント、そのメインステージ「HOT STAGE」の大トリに選ばれたのは昨年9月に乃木坂46に加入したばかりの3期生だった。しかしすでに実績は十分、昨年12月に日本武道館で「お見立て会」を行い、今年2月に「乃木坂46 3期生初公演『3人のプリンシパル』」、5月に初単独ライブ、7月には先輩たちと一緒に明治神宮野球場のステージにも立った。3期生12人それぞれがエースといっても過言ではないほどのポテンシャルを秘め、単独でのメディア露出も多数。そして極めつけは乃木坂46の新曲『逃げ水』(8月9日リリース)に大園桃子&与田祐希のWセンター抜てき。この夏ますます彼女たちに注目が集まっていた。

そんな3期生をひと目見ようと続々と人が集まってくる。3日間で一番の熱気と声援が会場を包み込む中、3期生がステージに姿を現した。1曲目は『命は美しい』、そして2曲目は『制服のマネキン』。乃木坂46を代表するクール&ダンスナンバー、センターには大園。一気に観客の心を引き寄せ、掴んでいく。そして最初のMCを迎える。

この日、MC回しを担当したのは伊藤理々杏。メンバーの梅澤美波と共にMCに定評のある伊藤が笑顔で話す。

「皆さんこんばんは、私たち乃木坂46です。盛り上がってますか〜?盛り上がってますね。気温が高いので熱中症に気をつけながら楽しんでいってください。今回、私たち乃木坂46、3期生はTIF初参戦ながら大トリを務めさせていただくということでありがたい限りです。大トリということで緊張しているんですけど、ガチガチで、いろいろ考えたんですけど8割くらいぶっ飛んじゃって。でも皆さんを精一杯楽しませるために頑張っていきたいと思います」。

伊藤から「メンバー、一人に意気込みをお願いしよう!」と振られたのは山下美月。「私はアイドルがずっと大好きで、この『TOKYO IDOL FESTIVAL』のステージにずっと憧れていて私の夢がまた一つ叶いました。たくさんのアイドルさんが熱いパフォーマンスを繰り広げられてきているので、それに負けないように一生懸命パフォーマンスします」と意気込んだ。

そして再び伊藤。「一つ伝えたい事があります。何曲か披露させていただくんですけど、曲の中でタオルを掲げる曲があるんです。でもアイドルフェスということでファンじゃない方もいらっしゃると思うので、ぜひ他のアイドルグループさんのタオルもいっしょに掲げてください。初めての方も多いと思いますので、一回練習させてください。私たちが『ヘイ!』と言ったら皆さんタオルを上にぱっと掲げていただきたいなと。準備良いですか?『ヘイ!』うお〜すごい、この調子で皆さんその曲になったらぜひ掲げてくださったら嬉しいなと思います」。フレッシュな3期生に温かい歓声が飛び交った。

『未来の答え』『裸足でSummer』『夏のFree&Easy』『思い出ファースト』。一気に畳み掛け『思い出ファースト』の曲が終わると、どこからか白石の声。「3期生のみんな、応援に駆けつけたよ〜!」。そして『ガールズルール』のイントロが流れ始め、西野、齋藤飛鳥ら先輩メンバーがステージに続々と登場。まさかのサプライズ、真打ちの降臨にお台場が揺れた。

パフォーマンスし終え、キャプテンの桜井玲香が話し出す。

「すごく盛り上がってますね!皆さんからの熱気がすごくて。3期生のみんなを裏で見ていて『めっちゃ盛り上がってる!』と思って。突然こんな感じで可愛い可愛い後輩たちのライブにお邪魔させていただいているんですけど、『お台場みんなの夢大陸』のテーマソングを歌わせていただいているので、それを披露したいと思いましてお邪魔しました」。そしてファンを煽る。「盛り上がってますか?元気ですか?まだまだいけますか?」。

「お台場みんなの夢大陸」のテーマソング『ひと夏の長さより』は秋元真夏と松村沙友理のWセンター。秋元は「3期生のみんなで素敵なライブをしていて、初センターで緊張するんですけど、皆さん温かそうな雰囲気なので…聞いて下さい」と恐縮しながら曲紹介。今夏のお台場で涼しさを届ける同楽曲を、夏の夜風が吹く中、爽やかに歌い上げた。

桜井は「突然お邪魔しましたが、とっても楽しかったです。あとは可愛い可愛い3期生に返したいと思います。ありがとうございます」と挨拶。そして伊藤が「先輩方も応援に駆けつけてくれたということで次が最後の曲になります。最後も盛り上がっていきましょう!」と呼びかけ『三番目の風』へ。“3番目の風”が“初めての夏の思い出”を大歓声の中、締めくくった。

◆セットリスト


1.命は美しい
2.制服のマネキン
3.未来の答え
4.裸足でSummer
5.夏のFree&Easy
5.思い出ファースト
7.ガールズルール
8.ひと夏の長さより
9.三番目の風

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】