現在、日曜夜9時から好評放送中のTBS系ドラマ「ごめん、愛してる」。

【写真】笑顔を見せる吉岡里帆

このドラマは、同名の韓国ドラマが原作。韓国では「冬のソナタ」を凌ぐ大ヒットとなり、最高視聴率も29.2%を記録したという。今回約20年ぶりにラブストーリーに挑戦するというTOKIO・長瀬智也を主演に迎え、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶが、男女・母子の三角関係が交差する愛の物語を展開。ドラマ放送当初から、その切ないラブストーリーが反響を呼び、日曜夜には毎回SNSでも大いに話題になる作品だ。

先週放送された第4話では、律(長瀬智也)の体に早くも異変が出始める。そんな中、サトル(坂口健太郎)と塔子(大西礼芳)の姿を見ることが辛くなった凜華(吉岡里帆)は、サトルをあきらめるために付き人を辞めてアメリカへ留学することを考える。そして、その渡航当日、凜華を車で送ってくれた律の体調が急変し、それに気づいた凜華は律を看病し…という展開を見せた。

ラストシーンでは、自覚症状が出始めて、自分でも体調の異変に気付いた律が鼻血を出したシーンで終わっており、視聴者としては非常に続きが気になる状態だが、今週の放送は「世界陸上ロンドン」の放送のため、1週お休みとなる。

この事実に、先週の放送直後からTwitterでは「来週放送ないとか嘘やろ?再来週までなんて待てません」「次回は8月13日、、、来週しないのまじでショック」「何を楽しみに生きろっていうのさ!!」「一番切ないのは来週放送しないのことだ」「あたしの1週間の楽しみが!!」「次回13日とか何事」「1週間も開くなんて、辛すぎ…。」「次回ないとか早く見たすぎてうずうずする〜〜〜」というコメントが殺到していた。

次回の放送は8月13日で、10分拡大となる。

【第5話あらすじ】

律(長瀬智也)と若菜(池脇千鶴)、魚(大智)と一緒に暮らし始めた凜華(吉岡里帆)。律は、今までになく心が落ち着いている自分を感じていた。そんなとき、若菜が仕事を失う事態に。働きたい、と訴える若菜を見て、凜華は彼女を日向家で雇い入れることを提案する。律は渋い顔だ。そして若菜から律について聞いた恒夫(中村梅雀)は、律があの時の子供だと確信する…。

一方、サトル(坂口健太郎)と塔子(大西礼芳)が婚約。その婚約パーティーで麗子(大竹しのぶ)はピアノを弾くことに。