ありえないのにリアルっぽい!現実と虚構の狭間に迷い込んだような幻想的な写真がインスタで話題

写真拡大

夕暮れや朝焼けの時間、ふと自分が幻想的な世界に迷い込んでしまったような気分になったことはありませんか?

そんな時間には不思議なことが起きそうな気分にもなってしまうものですが、そんな不思議な世界が現実になったような写真シリーズが話題になっています。







・まるでディズニーの世界!

月にブランコを掛けたり、飛行機と一緒に空を飛んでみたり…。











現実にはあり得ないけれど、どこか本当かもしれないと思わせるような写真シリーズを撮影しているのはJackson Hallさん。

カリフォルニア州サクラメンテ在住の写真家です。

Hallさんは撮影した写真にデジタル加工を施すことで、童話のようなイメージを作り出しています。







・Instagramで話題沸騰

Hallさんの作品の特徴は、デジタル加工が行われていることが分かっていても、どこか現実的なところ。

そのために、「もしかしたらあるかも」という不思議な感覚を味わうことができます





現在、Hallさんのアカウント「nocturnalcoonz」は2万人以上がフォロー中。

作品も次々に更新されています。

幻想的な世界を覗いてみたいという方は、ぜひアカウントを訪問してみてはいかがでしょうか。





Instagram(nocturnalcoonz)

https://www.instagram.com/nocturnalcoonz/

・写真(まとめ)