男らしくアプローチして!奥手なカレの「ラブホテルの誘い方」3パターン

写真拡大

【相談者:20代女性】
仲良くなって2ヵ月がたつ男性がいます。

彼とはまだ付き合ってはいないのですが、付き合うきっかけにエッチもアリかなと感じています。
私的にはそんな雰囲気を彼に出しているつもりなのですが、彼がまったくラブホテルに誘ってくれません!もしかすると遠回しに誘われているのかもしれませんが、鈍感な私はそれに気づいていないようです。

奥手な男性ってどんな風にラブホテルに誘ってくるのでしょう?

●自分の口からは誘わず、女性に委ねる奥手なアプローチ。

ご質問ありがとうございます。
人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

二人の仲が深まれば、男女の関係になるのも当然のこと。
また、仲を深める過程でエッチをするパターンもあるはずです。
ホテルに誘うのは恋愛において欠かせない行為なのですが、なかなかうまく女性を誘えない、奥手男性が多いのも事実なのです。

お酒に酔って気が大きくなっていたとしても、いざラブホテルへ誘う段階になると、酔いが一気に覚めてしまうほどの奥手っぷり。
それほど奥手男性にとっては、ラブホテルに誘うことがプレッシャーに なっているようです。

そんな男性たち行動パターンとして、誘いを断られたときのショックを恐れ、遠回しな会話で核心に迫ろうとしたり、女性の口からラブホテルに行きたいと言わせたりと、姑息な手段を使うケースが多いようです。

ここでは、奥手な性格から女性をラブホテルに誘えないという男性3名に、普段のシチュエーションを語ってもらいました。
男女の愛が深まるきっかけの場面で、実はこんなことを考えているようです。

●(1)女性の口からラブホテルに行きたいと言わせる

『たとえばホテルに誘ったとして、女性からNGが出た場合、その場から逃げ出したくなりますよね。自信のない僕は、ぜったいに自分からは誘わず、「この後どうしよっか?」とか、「行きたいとこある?」と尋ね、女性の口からラブホに行きたいって言わせるようにしています』(26歳/営業)

奥手な男性が取りがちな行動パターンとして多いのが、女性の口からラブホテルに行きたいと言わせるもの。
断られたときのショックを避けるために、なんとかして女性のほうから申告してもらおうという姑息な行動ですね。

自分に自信がない男性に多い行動パターンですので、女性がどれだけ望んだとしても、なかなか彼の性格は変わってはくれないはずです。
さりげないアピールを続けたとしても彼の態度が変わらないようなら、ラブホテルに行く提案はあなた自身から切り出すしかないかも しれませんね。

●(2)酔い覚ましと称してラブホテルの近くを散歩する

『気になる女性とデートを重ねているのですが、なかなかラブホテルに誘えません。お酒も飲んで気を大きくしたりもするのですが、最後のひとことが切り出せません。そんな僕が試みている方法が、酔い覚ましに散歩しながら、ラブホテルの近くを一緒に歩くことです。まだ、成功はしていないのですが(笑)』(28歳/経理)

酔い覚ましにラブホテルの近くを散歩したり、ドライブでラブホテル街の近くを通ったりというのも、奥手男性の常套手段です。
「へぇ。こんなところにラブホテルがあったんだ。知らなかったね」などと、不自然な会話が男性から飛び出すかもしれませんね。

女性からすると「そこまでするならストレートに誘えよ!」と感じるかもしれませんが、女性から切り出させようとするよりも、能動的にアプローチしているのではないでしょうか。
そんな彼のアプローチ方法に愛らしさを感じるようなら、そのまま手を引っ張ってラブホテルに入って行ってあげましょう。

●(3)もしもの話でリスクヘッジをしておく