クセのある香りや味が苦手な人もいる一方で、やみつきになる人が増えている香草、パクチー(香菜)。「このところブームで、日本でもすっかりおなじみになった食材です。ビタミンCが豊富でデトックス効果も高いと注目されています。苦手な人は、熱を加えて調理すると香りが和らぎますよ。スーパーでも買えるので、家庭料理に使ってみてください」と話すのは、日本初のパクチー専門店オーナーの佐谷恭さん。おすすめの食べ方を教えていただきました。


まねしたい!パクチー専門店の人気のメニュー


たっぷりの生パクチーに、スパイスで炒めたラム肉をのせた「ヤンパク」。ラムが苦手なら、牛肉や豚肉にしても大丈夫。パクチーとの相性はばっちりです。


パクチー100%の天ぷら「パク天」。高温の油で揚げているから、香りも和らぎ、パクチー初心者でもOK。見た目のインパクトもなかなかです。

手軽にパクチーを試せる!家庭料理へのおすすめ活用法

●そばやラーメンに


ネギやミョウガなどの薬味代わりとしても大活躍。そばやそうめん、ラーメンなどに加えて、さわやかでさっぱりとした味のアクセントに。

●卵焼きに


いつもの卵焼きに細かく刻んだパクチーを混ぜてエスニック風に。彩りもよくなるので、マンネリしがちなお弁当におすすめです。

<イラスト/木波本陽子 取材・文/ESSE編集部>