4日に放送された、フジテレビ系『ダウンタウンなう』に氣志團の綾小路翔が出演し、意外な一面を明かされる場面があった。

【写真】指原、氣志團とコラボ

番組では『綾小路翔の真実』としたフリップを用意し、氣志團メンバーの証言による綾小路の意外な一面を暴露。その中に『怒るとオネエになる』というものがあった。

氣志團メンバーによると「団長(綾小路)は『女好きの女だからレズビアンだ』と言ったり、まわりは彼をお姫様扱いしないといけない。なので、怒る時に『もうヤダもう本当キライ』とオネエが出てきてしまう」と、硬派なルックスとは裏腹な真実が明かされた。

これに綾小路は「デリカシーのない人が嫌いなんですよ、すごく」と、番組出演等の際にスタッフからマイクをつけられる時にシャツに手とか入れらるのが嫌だと話し、その様子には松本人志も「IKKOさんみたい」とツッコミを入れ、出演者から笑い声が上がっていた。

氣志團は結成20周年を記念したアルバム『万謡集』を8月9日に発売する。その後も結成20週年ツアー『リーゼント魂』の公演を控えるなど、アニバーサリーイヤーを迎える氣志團の活動に目が離せない。