女優・菊池麻衣子が、セミの孵化の様子をブログで複数の写真とともに報告している。散歩中に、土の中から出てきたセミの幼虫を発見し、自宅のカーテンの近くの観葉植物に置いた。

 夕方6時に幼虫がカーテンに移動したことを確認し、菊池はベランダへ。ビールを飲みながら花火を見ていただのだが、脱け殻から出てくるところは見逃してしまったようだ。

 「そろそろセミちゃん見なくちゃと、訪れたのが、8時。やっちまったぁ〜〜もう、羽化してしまったわけです。早っ!!そして、8時半、少し羽が伸びてきました。うす緑のなんて美しいすがたなのでしょう。それから、9時半、だんだん模様が出てきました」とその都度報告をし、11時過ぎにセミはカーテンを横移動し、羽化成功となった。翌朝、菊池はセミを逃がしたが、「羽化直後は、妖精みたいだったなぁ」とその美しさを称賛した。

 なお、菊池はこのセミをクマゼミだと述べ、「クマオ」と名づけたが、緑色の体と幅の狭い頭、羽の斑点から見るにミンミンゼミかもしれない。


(画像はすべて菊池麻衣子オフィシャルブログより)