歌手・タレントのmisonoが、先月結婚した夫Nosukeとのラブラブなツーショット写真を自身のブログで公開した。

(misonoオフィシャルブログよりスクリーンショット)

 2人は先月15・16日にサンリオピューロランドなど4か所で結婚式を挙げ話題となっていた。Nosukeは山田親太朗が中心となっているバンド「HighsidE」でドラムを担当しており、出会いのきっかけは数年前にmisonoと山田がクイズ番組で共演した時のこと。

 misonoが山田の楽屋を訪れた際にNosukeと出会ったのをきっかけに交際がスタートした。現在は、「misoNosuke」というインスタグラムのアカウントで2人の写真を公開している。

 misonoは、「七夕まつりin青森」でのステージを終えて、その感想をブログにつづっていた。「地方の仕事の前に、エゴサーチをしてると嫌なのばっかりで…」と述べたうえで、辛辣なことばが多数書き込まれていたと報告。

 どうやら自分の名前を検索し、自身に対する言及をチェックしているようだ。それらの中にはこんなものがある。「こんな田舎にくるって事は、よっぽど仕事がないのかな」「こんなに小さいステージで歌わされてて、可哀想」その一方、「misonoが青森に来てくれるから見に行ってくる」「misonoを呼べるだなんて私の地元、結構やるじゃん」「今年の七夕祭りも凄くない?!misonoがゲストだから混みそう」と好意的なものもあり、安心している。

 「しかも本番では雨がふってたのに…多くの人が立って&座って、待っていてくれてて!サインも取り合いになっていて…感動&感激&感謝です!」こうした満足のステージ終了後、再びエゴサーチをしたところ、良い感想だけしかなかったようだ。一番嬉しかったというコメントは、以下の通り。「その一生懸命な姿に、プロ意識とプロ根性を感じた」というものだといい、ファンへの感謝を述べた。

 そして、結婚の報告について、正式な形でファンに報告できていないことに対して「すみません」とつづり、落ち着いたらファンだけしか出席できない結婚式をやると宣言した。6日は北海道苫小牧市の「とまこまい港まつり」にお笑い芸人・ジーニー堤とともに出演しているが「今日は、苫小牧にmisonoちゃんに 会いに行くっ。去年以来なのでドキドキです〜」と期待する声も。