今度は妻と息子まで!岡田圭右「家族総タレント化」に視聴者ウンザリ

写真拡大

 娘の次は、妻に息子と立て続けのバラエティ出演で視聴者もウンザリ!?

 ますだおかだ・岡田圭右の妻である岡田祐佳と、息子の岡田隆之介が8月1日放送のバラエティ番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に親子で出演を果たした。

 現在ブレイク中の岡田結実の2歳年上の兄である隆之介は11年放送のドラマ「家政婦のミタ」(日本テレビ系)や15年公開の映画「暗殺教室」に出演するなど、俳優として活動中。そのため、番組のオープニングでMCの明石家さんまから「お笑いは行きたくなかった?」と訊ねられるも、「お笑いはもう全く眼中になかった」と、のっけから失礼な返しを披露した。さらに隆之介は「父を見てしまうと、こうなりたくない」と、父のことが大好きな結実とは対照的に、父を苦手としていると本音を告白し、共演者の笑いを誘った。

 その後のトークにも絶妙に割って入るなど、初出演にしてはしっかり爪痕を残した祐佳と隆之介だが、視聴者からは「もう岡田一家はお腹いっぱいだ」「なぜ、娘のブレイクを邪魔するのか」「需要がないことに気付いて」といった声が上がるなど、すっかり芸能一家となった岡田家に食傷気味の人も多いようだ。

「95年に岡田と結婚してからは事実上芸能界を引退していた祐佳は元お笑い芸人。この間、目立ちたい願望もあったようで、今年4月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)で20年ぶりに芸能界復帰を果たしています。同番組では今後バラエティタレントとしてどういったキャラでいくかを悩んでいた祐佳ですが、視聴者は冷めきってますからね。それに加えて、息子もバラエティに乗り込んできたとなれば、視聴者が“勘弁してくれ”と言いたくなるのも無理はないでしょう」(エンタメ誌ライター)

「父みたいになりたくない」とのことだが、自身がスポットを浴びているのは、親の七光りがあることを隆之介にも感じて欲しいものだ。

(権田力也)